真実の檻

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041038215

真実の檻

  • 著者 下村 敦史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041038215

現在最注目の乱歩賞作家が描く、冤罪事件をめぐるリーガル・サスペンス!

大学生の石黒洋平は母の遺品整理の際、本当の父親が元検察官で『赤嶺事件』と呼ばれる殺人事件を犯した死刑囚であることを知る。父の無実を信じる洋平は、雑誌記者の夏木涼子と『赤嶺事件』を調べ始めるが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「真実の檻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。読んで数ページで引き込まれました。本当の父親が殺人犯だったら、それが冤罪だったら?凄い重たい内容で警察や検事の闇を絡めて謎解きは進んで行きました。あと「ペンは剣よりも強し」の意味も勉強になり 図書館本。読んで数ページで引き込まれました。本当の父親が殺人犯だったら、それが冤罪だったら?凄い重たい内容で警察や検事の闇を絡めて謎解きは進んで行きました。あと「ペンは剣よりも強し」の意味も勉強になりました。これからも追いかけて行きたい作家さんですね。面白かったです。 …続きを読む
    ナイスネイチャ
    2016年05月08日
    250人がナイス!しています
  • 母の遺品整理で本当の父がいて、死刑囚になっていると知ることからその事件を調査していく。重いテーマで選択を迫られる所がこの作者さんの真骨頂?。 母の遺品整理で本当の父がいて、死刑囚になっていると知ることからその事件を調査していく。重いテーマで選択を迫られる所がこの作者さんの真骨頂?。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2016年04月06日
    244人がナイス!しています
  • 正直、大学生の息子・洋平の思いと行動に多少の驚きと戸惑いがあった。それ以上に設定が面白くのめり込んで読了。哀しい冤罪しかも警察・検察の闇の隠ぺいが絡むから、からまった糸はほどけにくい。そして真実は愛す 正直、大学生の息子・洋平の思いと行動に多少の驚きと戸惑いがあった。それ以上に設定が面白くのめり込んで読了。哀しい冤罪しかも警察・検察の闇の隠ぺいが絡むから、からまった糸はほどけにくい。そして真実は愛する人と息子を守る為としたら・・だが、息子は亡くなった母の想いを背負いついに厳しい『真実』にたどり着く。死刑囚の実の父と育ての父。血か絆かーでは無く何が正しくどう行動するかだ。つらい真実だとしても。ん~ん、糸が絡まり過ぎて現実感が希薄に感じられたが、自分ならと思うと答えが出せない。今回も下村作家は面白かった。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2016年04月19日
    211人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品