試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041089033

サハラの薔薇

  • 著者 下村 敦史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041089033

生き残るのか正義か――究極の葛藤。手に汗握る冒険小説×予想外のラスト!

エジプトで発掘調査を行う考古学者・峰の乗るフランス行き飛行機が墜落。機内から脱出するとそこはサハラ砂漠だった。生き残った6名はオアシスを目指して沙漠を進み始めるが食料や進路を巡る争いが生じ!?
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「サハラの薔薇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 考古学者の「峰」は石棺を発掘するが事態は暗転する。更にエジプトからフランスへ向かう飛行機がハイジャックされサハラ砂漠に墜落し、多数の犠牲者を出す。生き残った者は少ない食料と水で助けを求め砂漠を進むか・ 考古学者の「峰」は石棺を発掘するが事態は暗転する。更にエジプトからフランスへ向かう飛行機がハイジャックされサハラ砂漠に墜落し、多数の犠牲者を出す。生き残った者は少ない食料と水で助けを求め砂漠を進むか・留まるかを選択。「峰」達6人は踏み出すが、それぞれ思惑が…無謀ともいえる行進。疑心暗鬼に陥り殺人まで…更に限られた水を巡っての対立やテロリストの追撃。想像を絶する苦行。生き残るのはまさに奇跡だ。 …続きを読む
    のり
    2020年07月14日
    84人がナイス!しています
  • ★★★☆☆エジプトの研究をする日本の考古学者峰准教授。墓を掘り当て『大発見か?』を期待するも、中から出てきたミイラは何と現代人の自然によるミイラ。帰国しようとしたところフランスの有名な博物館から講義依 ★★★☆☆エジプトの研究をする日本の考古学者峰准教授。墓を掘り当て『大発見か?』を期待するも、中から出てきたミイラは何と現代人の自然によるミイラ。帰国しようとしたところフランスの有名な博物館から講義依頼が舞い込み、ここから思わぬ旅が始まる。強盗に襲われ脅され、先が見えない砂漠遭難、腹に一物も二物もありそうな仲間たちとの人間関係、命をかけたバトル。タイトルからすでに仕掛けられていた伏線が示す壮大な謎とは?!解が現れた時にとんでもなく震えた読み手の私なのだが、え、待って、これフィクションなんですよね?(39) …続きを読む
    Zann
    2021年05月01日
    46人がナイス!しています
  • エジプトでミイラを発掘してからホテルでは何者かに襲われ、ついには航路にはないはずのサハラ砂漠で飛行機が墜落した。これは何かの陰謀なのか?のミステリー。とりあえず、砂漠のど真ん中で飛行機が墜落して生き残 エジプトでミイラを発掘してからホテルでは何者かに襲われ、ついには航路にはないはずのサハラ砂漠で飛行機が墜落した。これは何かの陰謀なのか?のミステリー。とりあえず、砂漠のど真ん中で飛行機が墜落して生き残ったら、オアシスを見たとか言う他人を信じて歩くか、燃える機体の煙で誰かが気づいてくれる可能性を信じてその場に留まるか…、自分ならどうするかなー?とか暫く考えてた。でも結局、怖いのは砂漠ではなく、そこに生きている生物や欲の強い人間だったりする。ほとんどは冒険小説だったけど、社会派なテーマが背景にありました。 …続きを読む
    ぱなお
    2021年04月09日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品