角川文庫

真実の檻

生き別れの父は、殺人犯?--家族の絆と法廷の闇に迫るミステリ!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041069059
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

真実の檻

生き別れの父は、殺人犯?--家族の絆と法廷の闇に迫るミステリ!

  • 著者 下村 敦史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041069059

生き別れの父は、殺人犯?--家族の絆と法廷の闇に迫るミステリ!

亡き母は、他の人を愛していた。その相手こそが僕の本当の父、そして、殺人犯。しかし逮捕時の状況には謎が残っていた--『闇に香る嘘』の著者が放つ渾身のミステリ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「真実の檻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あぁぁぁぁ~。耐え難い現実。洋平、頑張ったね。母が亡くなり遺品整理をしていたら、出産間近の若き母と寄り添う男の写真が出てきた。父親に問い質したら実父だと言うが…追い討ちをかけるように母の父母殺害容疑で あぁぁぁぁ~。耐え難い現実。洋平、頑張ったね。母が亡くなり遺品整理をしていたら、出産間近の若き母と寄り添う男の写真が出てきた。父親に問い質したら実父だと言うが…追い討ちをかけるように母の父母殺害容疑で死刑判決が下されていた。刑執行はいつ下ってもおかしくない状況。事件の詳細を調べ始めた洋平は、冤罪の可能性がある事を掴み、雑誌記者の涼子の助力を得て真実に迫る。99,9%の壁。多忙過ぎる法に関わる人達。絶対にあってはならない冤罪。ただこの事件は複雑に絡み合った悲劇。絶望と明日を照らす光。 …続きを読む
    のり
    2019年02月08日
    116人がナイス!しています
  • 下村さん四冊目。冤罪、司法の問題点、血と絆など、重いテーマであるが、盛り込みすぎてぼやけてしまった印象。不自然な設定や言動は伏線であり、すべて紐解かれて破綻していないのは流石。様々な要因が重なり起きた 下村さん四冊目。冤罪、司法の問題点、血と絆など、重いテーマであるが、盛り込みすぎてぼやけてしまった印象。不自然な設定や言動は伏線であり、すべて紐解かれて破綻していないのは流石。様々な要因が重なり起きた事件だが、腑に落ちない理由が見受けられ、動機にも違和感が拭えなかった。主人公の下した選択には共感できず、もやもやが残りすっきりしない。大学生にしては随分と幼く、女性記者は若いわりに観察眼が鋭く弁が立ち過ぎて、年齢設定が合っていない気がした。期待値が高いゆえの辛口レビューご容赦くださいませ。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2018年09月07日
    77人がナイス!しています
  • 下村敦史さん作品3作目です。これまで読んだ2作目以上に、予測出来ないストーリーに、またきたぁ〜‼︎です。参考文献の多さ、謝辞にも下村さんの真摯な姿勢を感じます。これからも読んでいきたい作家さんです。 下村敦史さん作品3作目です。これまで読んだ2作目以上に、予測出来ないストーリーに、またきたぁ〜‼︎です。参考文献の多さ、謝辞にも下村さんの真摯な姿勢を感じます。これからも読んでいきたい作家さんです。
    バイクやろうpart2
    2018年09月29日
    76人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品