試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041069059

真実の檻

  • 著者 下村 敦史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041069059

生き別れの父は、殺人犯?--家族の絆と法廷の闇に迫るミステリ!

亡き母は、他の人を愛していた。その相手こそが僕の本当の父、そして、殺人犯。しかし逮捕時の状況には謎が残っていた--『闇に香る嘘』の著者が放つ渾身のミステリ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「真実の檻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 叫ぶしかない!真実ってなんだ!街を震撼させる大事件。現場は血の海、血塗れで助けを乞うように惨殺された夫婦。捕まったのは現役検察官であり第一発見者である娘の婚約者!娘は身籠っていた。両親を惨殺した殺人者 叫ぶしかない!真実ってなんだ!街を震撼させる大事件。現場は血の海、血塗れで助けを乞うように惨殺された夫婦。捕まったのは現役検察官であり第一発見者である娘の婚約者!娘は身籠っていた。両親を惨殺した殺人者との関係を抹消すべく他人と結婚して息子を出産。順風満帆に成長する息子。母が死に、遺品整理をする息子は実の父親が惨殺殺人犯と知る!汚れた血脈、苦悩しながらも真相を追う息子。検察と警察、司法が守るべき『真実』の汚さに恐ろしくなる!冤罪立証のメカニズム、超リアル!残酷な真実、切なすぎる結末、必読の大傑作です‼️🙇 …続きを読む
    三代目 びあだいまおう
    2020年02月05日
    308人がナイス!しています
  • 大学生・洋平が家族の絡んだ殺人事件の謎を追う、冤罪をテーマにしたミステリ…著者らしい多くの文献と調査に裏打ちされた内容は判っている気になっていた司法の現状が勉強になった。前半の小さな事件が大きな流れに 大学生・洋平が家族の絡んだ殺人事件の謎を追う、冤罪をテーマにしたミステリ…著者らしい多くの文献と調査に裏打ちされた内容は判っている気になっていた司法の現状が勉強になった。前半の小さな事件が大きな流れになってゆく過程が多少ギクシャクしているように感じたが、発表時は連作短編だったものを一冊に纏めたと知って納得…ただ、洋平を始め主要人物たちの心情が書き切れていない部分が多くて共感できず、著者の弱点を再認識したのが残念。とは言え、執筆に沢山のエネルギーを注ぎ込む真摯な姿勢は健在で、下村さんへの好感度は高いままだ。 …続きを読む
    しんたろー
    2019年08月26日
    209人がナイス!しています
  • カドフェスで気になっていて読みましたが2019カドフェスだったのですね(^_^;)下村さんの本は読まなければいけない本だと思っているので、いつか読んでいましたが。私の場合は娯楽で読む本と、社会や人の闇 カドフェスで気になっていて読みましたが2019カドフェスだったのですね(^_^;)下村さんの本は読まなければいけない本だと思っているので、いつか読んでいましたが。私の場合は娯楽で読む本と、社会や人の闇を知るために読むべき本に分かれていて、下村さんは読むべき本になっています。今回は『冤罪』でしたが…冤罪の本を読むのは苦しいですね。真犯人がいる訳であり、かなり早い段階で真犯人は分かりましたが…。今回は『正義』という言葉が引っかかりました。ただ正義を振りかざしていると傷つく人もいるので加減が必要ですが。 …続きを読む
    mariya926
    2020年09月19日
    152人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品