角川文庫

さわらびの譜

揺れる想いと、藩の非道。 伊也は苦難を打ち払えるか?

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041036495
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

さわらびの譜

揺れる想いと、藩の非道。 伊也は苦難を打ち払えるか?

  • 著者 葉室 麟
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041036495

揺れる想いと、藩の非道。 伊也は苦難を打ち払えるか?

「わが想いは一筋の矢の如し、届け――!」

扇野藩重臣有川家の長女・伊也は、藩随一の弓上手、樋口清四郎と渡り合うほどの腕前。競い合ううち清四郎に惹かれていく伊也だったが、妹の初音に清四郎との縁談が持ち込まれる。伊也とのあらぬ噂により、藩主の不興を買った清四郎の汚名をそそぐため、伊也は清四郎と弓勝負で立ち合ううことに――。有川家に身を寄せる謎の武士の正体とは。姉妹の揺れる想いの行方は。くすぶる藩の派閥抗争が彼女らを巻き込む。
高潔な志が清々しい感動を呼ぶ、時代長編!

≪熱き信念が胸を打つ、扇野藩シリーズ≫

メディアミックス情報

NEWS

「さわらびの譜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 石ばしる垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも<志貴皇子『万葉集』巻第八>/初読み作家さんで、読友さんがレビューで書かれたように「清々しさ」を感じたくて手に取りました。弓矢小町といわれる天 石ばしる垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも<志貴皇子『万葉集』巻第八>/初読み作家さんで、読友さんがレビューで書かれたように「清々しさ」を感じたくて手に取りました。弓矢小町といわれる天賦の才がある伊也は、妹初音の許嫁である藩随一弓上手な清四郎を密かに慕うが、藩の陰謀に巻き込まれ・・・ 相手を想う一途さ、其々の決意が更なる困難を撥ね退けて道を開いていく清々しさにやられました。 …続きを読む
    dorebook
    2016年07月29日
    47人がナイス!しています
  • ぴさるくさんのレビューから。直ぐな心から射られた矢はひょうと音なりしてただただ真っ直ぐ飛んで行く。そんな只管なお話。こなた日置流雪荷派有川伊也、かたや大和流樋口清四郎。競い合い惹かれ合う二人に次々に襲 ぴさるくさんのレビューから。直ぐな心から射られた矢はひょうと音なりしてただただ真っ直ぐ飛んで行く。そんな只管なお話。こなた日置流雪荷派有川伊也、かたや大和流樋口清四郎。競い合い惹かれ合う二人に次々に襲いかかる艱難辛苦。流派争いにお家騒動まで加わり絶対絶命に陥る二人。「わたくしの想いは一筋の矢のごとく一点の濁りも歪みもない直ぐなるものにございます」と言う伊也の想いと清四郎の決意が込もった千本の矢の行方は?地味かなあって思ったけどスリリングな展開とドンデンも効いていてとでも楽しめるお話でした。妹の初音が可憐。 …続きを読む
    つねじろう
    2016年06月03日
    47人がナイス!しています
  • 一ヶ月かかってしまった、、けど、とても清々しい作品でした。気持ちに正直で、人を思いやる心、シンプルな事なんだけど、難しいものなんだよね。 一ヶ月かかってしまった、、けど、とても清々しい作品でした。気持ちに正直で、人を思いやる心、シンプルな事なんだけど、難しいものなんだよね。
    kentama®️
    2017年05月31日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品