試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041036327

怪談狩り 市朗百物語

  • 著者 中山 市朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041036327

『新耳袋』の中山市朗が、満を持して放つ本当に怖い怪談実話

六甲山を取材中にテレビのロケ隊が見たモノ、風俗嬢を見つめる顔、演劇部に伝わる黒い子供、遺体に肩をたたかれた納棺師の体験談……。現実世界の歪みから涌き出る、ふとした恐怖、ぬぐえない違和感を狩り集める。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談狩り 市朗百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりの中山市朗さんの実話系怪談集を読みました。『新耳袋』時代から相変わらず勢いは衰えていない。100話あるのですが、その中でも「黒いバイク」なんかは犬神家の一族も真っ青な死に方だったりする。また「 久しぶりの中山市朗さんの実話系怪談集を読みました。『新耳袋』時代から相変わらず勢いは衰えていない。100話あるのですが、その中でも「黒いバイク」なんかは犬神家の一族も真っ青な死に方だったりする。また「盛り砂」に書かれてあった、ある村に伝わる祟りについての調査。取材途中なので詳細は書けないと書かれており続報が気になります!その村、芸人ガリガリガリクソンさんからの情報とのことですが、調べてみたらガリガリガリクソンさん自身が結構怪談をやってるんですね。芸人って多彩だなぁと感心しました。 …続きを読む
    nuit
    2017年07月03日
    78人がナイス!しています
  • 実話怪談集。民話調の妖怪譚から幽霊話、奇妙な話まで幅広く収録されている。特に凄みがあるというわけではないけれども、真打が古典落語をやるようなゆったりした安心感があるようにも思える。やたら人間臭いタクシ 実話怪談集。民話調の妖怪譚から幽霊話、奇妙な話まで幅広く収録されている。特に凄みがあるというわけではないけれども、真打が古典落語をやるようなゆったりした安心感があるようにも思える。やたら人間臭いタクシー幽霊の変形みたいなのも面白かったけど、「死因」の警察が遺族に見せられないビデオというのも読んでいると随分懐かしい気分に浸れる。昔の都市伝説でそういうのあったなあ。妖怪譚の方は一反木綿とか茶袋とか出てきてほんわかした気分になれたし。決して怖くはないんだけど、端正でバラエティに富んだ一冊でありました。 …続きを読む
    HANA
    2016年08月04日
    60人がナイス!しています
  • 「四十七話」は、階段を下ったのに、なぜか上の階から降りてきた。移動している(歩も進めている)のに再び元の地点に戻ってしまった。本当に不思議な現象だ。時空のゆがみはあるのだろう。現場にいた当事者全員が 「四十七話」は、階段を下ったのに、なぜか上の階から降りてきた。移動している(歩も進めている)のに再び元の地点に戻ってしまった。本当に不思議な現象だ。時空のゆがみはあるのだろう。現場にいた当事者全員が単純に驚いた。「第八十話」は、何度も、何回も、続いたスナックでの異様。不気味で気持ち悪い話だ。唐突にまとわりつかれ、吞みこまれ、障(さわ)りが連発する。こんなタチの悪い霊が、なぜ、その店に関わったのか判別できない。そのマスターは、運が悪いというか、気の毒だったとしか言いようがない。 …続きを読む
    田中
    2020年04月01日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品