試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041062609

怪談狩り 四季異聞録

  • 著者 中山 市朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041062609

怖い話は、夏だけではない――

毎年3月3日に”落ちてくる”異様なモノ、真夏のキャンプ場で出会う深紅のコートの女性、大晦日に家族の前に現れた最愛の母……。四季折々の情景とともにつづる粒ぞろいの怪談集。文庫オリジナル作品収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談狩り 四季異聞録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 実話怪談集。『新耳袋』シリーズの衝撃は無いものの、やはり語り口の上手さは流石といったところ。ただ話の内容が最近主流の不思議な話から、幽霊がダイレクトに出てくるものまで様々で統一感に欠けるような。という 実話怪談集。『新耳袋』シリーズの衝撃は無いものの、やはり語り口の上手さは流石といったところ。ただ話の内容が最近主流の不思議な話から、幽霊がダイレクトに出てくるものまで様々で統一感に欠けるような。というか幽霊がダイレクトに出てくる話は怖いというより、昔の怪談を読んでるようなノスタルジアを感じるんだけど。怪異が直接表に出ているものではなく、何かが起こってるけどそれがわからないという話に傑作が多いように思えた。「怖い、怖い」とか「妙なマンション」とか、その最たるものだし。「年末のアルバイト」も不穏で素晴らしい。 …続きを読む
    HANA
    2018年11月30日
    53人がナイス!しています
  • 今回は少し残念。それだけ。 今回は少し残念。それだけ。
    鬼灯の金魚草
    2018年04月30日
    24人がナイス!しています
  • 読んでていちばんギョッとしたのは、知ってる地名が出てきた話ですが、地名ははっきり同じなのに、場所や大道具小道具に思い当たるものはなく、しかしよく似た事件の心当たりはあり、ああなるほど、「怪談」の演出の 読んでていちばんギョッとしたのは、知ってる地名が出てきた話ですが、地名ははっきり同じなのに、場所や大道具小道具に思い当たるものはなく、しかしよく似た事件の心当たりはあり、ああなるほど、「怪談」の演出のさじ加減はこのあたりか、と思いました。事実かどうかは棚にあげて、きっちり怖かったです。 …続きを読む
    瀧ながれ
    2018年01月19日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品