怪談狩り 黄泉からのメッセージ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041071892

怪談狩り 黄泉からのメッセージ

  • 著者 中山 市朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041071892

恐怖は日常の延長にある――本当に怖い実話シリーズ。

死んでも、伝えたいことがある――
「新耳袋」の著者・中山市朗が蒐集したあの世からのメッセージ

あの世からのメッセージは、さまざまな形でこの世に出現し、私たちに語りかけてくる――。親族に不幸があるたびに夢枕に現れる生首、幼い子どもをひき逃げした犯人を探し求める刑事が見つけた金属片、夜道に佇む男の子が手にした新聞紙、「俺は16歳までに死ぬ」が口癖だった同級生の家を代々襲う数奇な運命……。日常に潜む小さな違和や怪異を丁寧にすくいあげる。「新耳袋」の著者が全国から蒐集・厳選した戦慄の怪談実話集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談狩り 黄泉からのメッセージ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 三流ホラー作家の得意技である読者を小バカにしたようなスプラッタ描写も少なく、ひたすら精緻な筆致で構成されている。大変読みやすいホラー短編集で楽しめました。 三流ホラー作家の得意技である読者を小バカにしたようなスプラッタ描写も少なく、ひたすら精緻な筆致で構成されている。大変読みやすいホラー短編集で楽しめました。
    ねりわさび
    2020年01月05日
    33人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ まずまず。 黄泉からのメッセージがテーマで(関係ないのもあるけれど)、 怖いのは少な目でほっこりするのも多い気がする。 「コンピュータ怪談」は実に現代的に面白かった。 最近AIとか ★★★☆☆ まずまず。 黄泉からのメッセージがテーマで(関係ないのもあるけれど)、 怖いのは少な目でほっこりするのも多い気がする。 「コンピュータ怪談」は実に現代的に面白かった。 最近AIとかの本を読んでいるといのもあるかもだが。 一番ゾワッとしたのは「身の上」話という話。 怖いといえば怖いがもっと怖い話はあったが、 わけわからん度合いとかがツボにハマったのだろうか。 …続きを読む
    シン
    2018年07月14日
    29人がナイス!しています
  • どのお話も良かったけれど、「母の遺言」が怖いだけじゃなく残された息子たちへの愛情も感じ、印象に残った。 どのお話も良かったけれど、「母の遺言」が怖いだけじゃなく残された息子たちへの愛情も感じ、印象に残った。
    フキノトウ
    2018年12月02日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品