試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041036266

駅伝ランナー2

  • 著者 佐藤 いつ子
  • イラスト 佐藤 真紀子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041036266

親子で読もう! 全国の名門中学国語問題に使用される本!

走哉にとって初めての公式戦は、散々な成績で終わったが、同じ大会で皆の注目を集めたランナーがいた。一か月後、同じ学年に転校してきたのが、そのランナーだと知り、早速陸や部長の田村は彼(一心)を陸上部に勧誘するが「走るのはやめた」と取り付く島もない。前の学校で、才能ゆえにコーチから特別扱いされ部の中で孤立していた一心は、幼馴染が貧困から犯した万引きの罪を被ったことで、学校中の誤解を受け、走る意欲を無くしていた。「なぜあんなに才能があるのに走らないんだ」事情を知らない走哉に、陸は一心とは通じるものがありいいライバルになる、というが意味が解らない。少しでも一心に近づきたいと、部活後自主トレを続けるが、走り過ぎて貧血を起こしてしまう。それを助け起こしたのは、一心だった。近所で偶然、走哉の自主トレを見かけて目を離せずにいたのだ。陸上の基礎力の話をして、走り過ぎてもダメなんだと話す一心。翌日、陸が一心を部活に誘うが田村たちと衝突してしまう。帰り道が一緒になった走哉に、一心は「おまえには他のスポーツの方が向いてる」というと、走哉は一心の目を強く見つめ、「走るのが好きだっていう気持ちは、誰にも負けない」と語るのだ。

もくじ

・デビュー戦(走也)
・デビュー戦(一心)
・ライバル

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「駅伝ランナー2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 陸上部のある中学に越境入学した走哉。しかし顧問の先生は転校し中長距離の先輩は卒業。仲間はギリギリの4名で、しかも違う種目選手。自分だけのペースで練習する走哉。そんな中、仲間をかばって転校をしてきた一心 陸上部のある中学に越境入学した走哉。しかし顧問の先生は転校し中長距離の先輩は卒業。仲間はギリギリの4名で、しかも違う種目選手。自分だけのペースで練習する走哉。そんな中、仲間をかばって転校をしてきた一心が現れる。彼は走る意味を無くしていた。なんとかいって入部させようとするメンバー。やがて走哉と一心の心は「走る楽しさ」を求める共通の物となる。中学の心の葛藤が良く表現され、まだまだ先が続く予感。走哉は一心の背中に離されずに、いつかは並走して走りたい気持ちが良く伝わる。駅伝メンバーが足りない中、ブレる事なく走る …続きを読む
    ハサウェイ
    2016年06月07日
    67人がナイス!しています
  • 陸上、特に中長距離の話、大好きです。駅伝競走への助走となるような内容です。親の職業や家庭環境など、子どもたちを取り巻く環境の厳しさ、自分自身ではどうにもならないことの中で、才能を伸ばしたり、やりたいこ 陸上、特に中長距離の話、大好きです。駅伝競走への助走となるような内容です。親の職業や家庭環境など、子どもたちを取り巻く環境の厳しさ、自分自身ではどうにもならないことの中で、才能を伸ばしたり、やりたいことができることがどんなに素晴らしいかを考えた。 …続きを読む
    カブ
    2016年10月05日
    39人がナイス!しています
  • 指導者のいない陸上部で不安だらけなのに陸がマネージャーとして応援してくれることは走哉にはとても心強かったと思う。才能にあふれる一心が転校してきて一心が徐々に心開いて行くのに惹き込まれた。陸のマネージャ 指導者のいない陸上部で不安だらけなのに陸がマネージャーとして応援してくれることは走哉にはとても心強かったと思う。才能にあふれる一心が転校してきて一心が徐々に心開いて行くのに惹き込まれた。陸のマネージャー力、半端ない!続きも楽しみ。 …続きを読む
    まちこ
    2017年02月19日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品