試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041036259

駅伝ランナー

  • 著者 佐藤 いつ子
  • イラスト 佐藤 真紀子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041036259

親子で読もう! 全国の名門中学国語問題に使用される本!

12歳の走哉は、運動神経抜群の妹と短距離走選手だった父に挟まれるように、毎朝ランニングの練習をしていた。「自分には走る才能がない」周囲から期待されていないこともわかっていたが、走哉は走ることが好きだった。地区で駅伝大会が行われることになり、クラスから参加するヒロシたちのチームに勇気を出して声をかけるが、「補欠なら…」と返されてしまう。悔しさを必死に呑み込み、自主トレを続ける走哉。そんな彼に対しチームのみんなも、一緒にたすき渡しの練習に行うようになる。そして、大会当日。アンカーのヒロシにアクシデントが起きて……!? 才能は全ての人が授かるわけではない。でも、 「走りたい、ただそれだけ」あさのあつこ氏驚愕の、新人デビュー。12歳の少年が友情に支えられながら、駅伝ランナーになる夢をあきらめずに走り出すまでをみずみずしく描いた、心が奮う青春駅伝小説!

もくじ

駅伝ランナー
・リレー
・駅伝大会
・部活

小鳥の憧憬

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「駅伝ランナー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小学6年で初めて駅伝に出た走哉は走る事の楽しさを知る、将来の夢は箱根に出ると卒業文集に書いた走哉は越境入学までして陸上部のある中学に入るが思ったのとは違い部員数は少なく廃部寸前、それを救ってくれたのは 小学6年で初めて駅伝に出た走哉は走る事の楽しさを知る、将来の夢は箱根に出ると卒業文集に書いた走哉は越境入学までして陸上部のある中学に入るが思ったのとは違い部員数は少なく廃部寸前、それを救ってくれたのは親友陸だった。初読みの作家さん、これがデビュー作だそうです、小学校時代、中学入学後、そして陸の章と3章に分かれていて身体の弱い陸の走哉への友情が良かった。 …続きを読む
    みかん🍊
    2015年12月04日
    82人がナイス!しています
  • 小学生6年の走哉。特に早いわけではなく、最初は父親に求められるがままに練習をする。そこから走る事の楽しさを感じ始め、地区の駅伝に興味がわく。最初は補欠だったが、ヒョンな事からアンカーに。中学に入っても 小学生6年の走哉。特に早いわけではなく、最初は父親に求められるがままに練習をする。そこから走る事の楽しさを感じ始め、地区の駅伝に興味がわく。最初は補欠だったが、ヒョンな事からアンカーに。中学に入っても陸上部へ。最終目的は箱根ランナー。これからが期待大。小中学生の揺らぐ心の葛藤が良く表現出来ていると思う。陸上だけでは無く、親友や先輩達との関係性など昔を思い出してしまう。走るシーンも臨場感があり楽しめる。2部構成で喘息がある親友の陸くんの視点。1部と2部は同時進行の時系列で二人の主人公の気持ちを交差させる …続きを読む
    ハサウェイ
    2016年06月04日
    80人がナイス!しています
  • 将来なにがしたいのか?解らないけど、今は走ってたい。マラソンなんて個人競技だけど皆でそろって練習したい。そう思えた小学6年生は偉いよ。 将来なにがしたいのか?解らないけど、今は走ってたい。マラソンなんて個人競技だけど皆でそろって練習したい。そう思えた小学6年生は偉いよ。
    ユザキ部長
    2020年04月16日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品