隣国への足跡 ソウル在住35年 日本人記者が追った日韓歴史事件簿

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月23日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041053676

隣国への足跡 ソウル在住35年 日本人記者が追った日韓歴史事件簿

  • 著者 黒田 勝弘
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月23日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041053676

近いがゆえの因縁をソウル在住30年超の日本人ジャーナリストが追う

日本は朝鮮半島から離れられない――

激動の歴史の中で起きたさまざまな事件を追うと、
現代の絡み合った両国関係の背景が浮かび上がってきた。

35年に渡って韓国に暮らす著者は、終始、かの地に刻まれた「日本の足跡」が気になっていた。
韓国併合、敗戦と引き揚げ、国交正常化、南北対立――
激動の歴史の中で、日本は朝鮮半島へ押しかけ、押しかけられ、引き込まれ、そして深入りしてきたのだ。
そしてわれわれは今、韓国・北朝鮮との付き合い方に悩まされている。
少し時間をさかのぼれば、その理由が見えてくる。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

はじめに
第一章  亡国へのミステリー 皇帝委任状の謎
第二章  帰ってきたロシア艦隊 日露戦争は韓国で始まった
第三章  竹島を遠望する 誰があの島を満身創痍にしたか 
第四章  えんじゅの木は残った 閔(びん)妃暗殺事件の痛恨 
第五章  日本は韓国に礼を尽くした? 広島と韓国の奇縁 
第六章  李朝残影 韓国の土となった日本の皇女 
第七章  旧総督府庁舎はなぜ解体されたか 『アリラン』と『感激時代』が語るもの
第八章  日本人になりかかった韓国人 韓雲史と梶山季之のこと 
第九章  爆発する民族感情 苦難の引き揚げ
第十章  あの朝の景福宮は銀世界だった 残留を命じられた日本人 
第十一章  朝鮮戦争がはじまった 松本清張の罪つくり 
第十二章  「在日朝鮮人祖国帰還」の悲劇 北朝鮮幻想がもたらしたもの
第十三章  凶悪殺人犯が民族的英雄になった 劇場型犯罪 金嬉老事件の顛末
第十四章  金賢姫はなぜ「マユミ」になったか 日韓の苦労は地政学的宿命 
第十五章  金日成に勝った朴正熙 日本が朝鮮半島に残した遺産

メディアミックス情報

NEWS

「隣国への足跡 ソウル在住35年 日本人記者が追った日韓歴史事件簿」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ハーグ密使事件や閔妃暗殺事件、百万人の引き揚げ等、朝鮮戦争以前が主。李方子妃葬列への感傷、反日教育は日本人化の反動、『日本の黒い霧』に騙されたと痛烈批判、在日の多数は南出身だが情報戦は総連が支配、「人 ハーグ密使事件や閔妃暗殺事件、百万人の引き揚げ等、朝鮮戦争以前が主。李方子妃葬列への感傷、反日教育は日本人化の反動、『日本の黒い霧』に騙されたと痛烈批判、在日の多数は南出身だが情報戦は総連が支配、「人道の船、北へ」と見出しを付けた痛恨、『続・キューポラのある街』が吉永小百合に言わせた台詞、韓国マスコミは事実より「べき論」を好む、「富士山を見て死にたい」と書いた金嬉老、満州での朴正煕vs金成桂…。靖国神社は2万2千人の韓国人が眠るが、生存者は軍人恩給も遺族年金も無い事を著者は訴える。産経という先入観は不要。 …続きを読む
    makimakimasa
    2020年10月18日
    12人がナイス!しています
  • ソウル在住35年の記者が明らかにした反日の理由「すでに日本人となってしまった韓国人を本当の韓国人に作り替えるために行った徹底した日本否定・洗脳作業、再び日本人に戻ってしまわないような装置」、だから「日 ソウル在住35年の記者が明らかにした反日の理由「すでに日本人となってしまった韓国人を本当の韓国人に作り替えるために行った徹底した日本否定・洗脳作業、再び日本人に戻ってしまわないような装置」、だから「日本はいいこと”も”した」は絶対認められないに納得。敗戦直後の北朝鮮からの脱出、シベリア抑留ほどには知られていませんが、あまりにも酷い。1970年代まで北朝鮮を思ってか「朝鮮」と呼ぶことが主流だったようです。そういえば、祖母はキムチのことを朝鮮漬と呼んでいました。 …続きを読む
    HMax
    2018年01月28日
    11人がナイス!しています
  • 妻が韓国ドラマや映画が大好きでつられて私も見ているが、歴史ドラマと現代ドラマから抜け落ちた「近代」の二国間の歴史をこの本では沢山教えられた。加害側は忘れても被害側は忘れない。そんな歴史的出来事の数々を 妻が韓国ドラマや映画が大好きでつられて私も見ているが、歴史ドラマと現代ドラマから抜け落ちた「近代」の二国間の歴史をこの本では沢山教えられた。加害側は忘れても被害側は忘れない。そんな歴史的出来事の数々を知らず自身の無知を恥じたが、しかしいつまでも反省や金銭的賠償を求められると、いいかげんもう手打ちをしても良いのでは?とか、現在も過去に苦しむ人々には対応が必要だが、そのために日本はすでにかなりの資金を提供しているのだから、あとはその資金をどのように活用したか韓国国内の問題ではないか、などと思いながら読んだ。 …続きを読む
    yyrn
    2017年09月15日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品