試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
304
ISBN:
9784040822730

韓めし政治学

  • 著者 黒田 勝弘
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
304
ISBN:
9784040822730

韓国でのあいさつは、「アショハセヨ」ではなく「メシ食ったか?」

(章立て)
一章 板門店ディナーの政治学
二章 たかが冷麺、されど冷麺
三章 トランプに反日エビを食わせる
四章 朴槿恵は”独り飯”で追放された
五章 済州島の水とミカンに託した文在寅の陰謀?
六章 ”独り飯”に罪はないものを
七章 大統領の”招待飯”ではずされた
八章 韓国政治1番地、光化門の政治学
九章 食い物にこめられた亡国の恨
十章 韓国人がイヌを食わなくなった
十一章 ”肉のスープ”に込められた北の政治学
十二章 屈辱の”ブデチゲ”は美味い?
十三章 反日愛国に揺さぶられる食文化
十四章 キムチとビビンバの政治学

もくじ

(主な目次)
一章 板門店ディナーの政治学
あいさつは「メシ食ったか?」
軍事スポットでの晩餐会
日本由来の「おでん」はデビューならず

二章 たかが冷麺、されど冷麺
なぜ金正恩は冷麺を持ち込んだのか
ソウルの冷麺店にお客が殺到
なぜ金正恩の麺はどす黒かったのか

三章 トランプに反日エビを食わせる
なりふり構わぬ告げ口外交
チャプチェにまぎれてしまった反日エビ
生真面目に対応してしまった日本政府

四章 朴槿恵は”独り飯”で追放された
朴槿恵と筆者の奇跡の会食
人脈社会であえて独り飯を貫いた理由
飯を食べさせてもらえなかった安倍首相
 
五章 済州島の水とミカンに託した文在寅の陰謀?
中国で国賓の大統領が独り飯
北の高官に皮肉られた韓国財界人
北朝鮮人のあこがれ、甘いミカン

六章 ”独り飯”に罪はないものを
韓国で吉野家が受け入れられない理由
ラーメンは日本通の証
独り飯をしなかったために暗殺された
 
七章 大統領の”招待飯”ではずされた
大統領が変われば食文化も変わる
大統領からのお歳暮
批判記事への報復飯
 
八章 韓国政治1番地、光化門の政治学
光化門を制する者は韓国を制す
政府高官となった酒癖の悪い韓国人記者
店の一角にできた記者室

九章 食い物にこめられた亡国の恨
開城商人はなぜ生まれた?
秀吉がもたらした唐辛子
キムチに反日が存在しないのはなぜか

十章 韓国人がイヌを食わなくなった
国際的な評価を受けた韓国小説
ペットブームで消滅寸前の伝統食
イヌ肉食で野性性に浸る
 
十一章 ”肉のスープ”に込められた北の政治学
人民を食わせられない政治
食にパワーを求める強壮信仰
暗殺募金箱のあるソウルのレストラン
 
十二章 屈辱の”ブデチゲ”は美味い?
朝鮮戦争時代に生まれたブデチゲ
洋食は日本由来、アメリカの影響が薄い理由
韓国の中のアメリカ
 
十三章 反日愛国に揺さぶられる食文化
トリ肉ブーム、来ています
愛国言葉狩りの犠牲になったタックトリタン
改名を迫られたワサビ、ナットウ
 
十四章 キムチとビビンバの政治学
キムチとビビンバは韓国人の魂だ!
キムチ嫌い発言で反感を買った小泉元首相
ビビンバに物申したら殺害予告が


メディアミックス情報

NEWS

「韓めし政治学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自国にプライドを持つのは結構だが、過剰に持ちすぎて他国に迷惑をかけるのはよくない。日韓問題で難しいのは過去に日本が犯した罪の負い目があること。だが、それを笠に着てしつこく嫌がらせをするのはどうだろう。 自国にプライドを持つのは結構だが、過剰に持ちすぎて他国に迷惑をかけるのはよくない。日韓問題で難しいのは過去に日本が犯した罪の負い目があること。だが、それを笠に着てしつこく嫌がらせをするのはどうだろう。本書では反日症候群ともいえる症例が数多紹介される。韓国で人気のある日本料理にも反日愛国言葉狩りが横行する。ワサビや納豆も、わざわざ韓国語に置き換えるのに必死だったが、結局普及せず今も、ワサビとナットと呼ばれている。赤いキムチは秀吉が朝鮮出兵の際、唐辛子とともにもたらしたものだが、それを国民食にする不思議。 …続きを読む
    田中峰和
    2019年11月24日
    5人がナイス!しています
  • 韓国人が韓国の食べ物にどれほどのプライドを持っているのか、また、それがいかにしてナショナリズムの高揚に用いられてきたのかがよく伝わってきた。筆者は新聞記者なので、自身が目にし体験してきたこと、また本物 韓国人が韓国の食べ物にどれほどのプライドを持っているのか、また、それがいかにしてナショナリズムの高揚に用いられてきたのかがよく伝わってきた。筆者は新聞記者なので、自身が目にし体験してきたこと、また本物の政治家との交流の上で、この本を執筆している。それ故に内容は非常に生々しい。嫌韓本ではない。朝鮮半島を好意的に理解しようとする人にお勧めしたい。 …続きを読む
    梅干を食べながら散歩をするのが好き
    2019年10月28日
    5人がナイス!しています
  • 安定の面白さ。韓国政治に関連付けた、韓国の食文化、韓国人アイデンティティは勉強になった。 安定の面白さ。韓国政治に関連付けた、韓国の食文化、韓国人アイデンティティは勉強になった。
    ちんれん
    2019年04月29日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品