反日 vs. 反韓 対立激化の深層

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
272
ISBN:
9784040823690

反日 vs. 反韓 対立激化の深層

  • 著者 黒田 勝弘
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
272
ISBN:
9784040823690

疑似戦争はどこまで続く? 在韓40年の日本人記者が対立激化の背景を探る

(章立て)
はじめに
第一章 日韓は後もどりできない――「歴史まみれ」と「歴史離れ」
第二章 反日不買運動と「日本隠し」の真相――制裁と報復を検証する
第三章 果てしなき日韓擬似戦争の恨(ハン)――旭日旗とレーダー照射事件
第四章 日本人にも対韓被害意識がある――歴史に探る反韓・嫌韓感情の起源
第五章 「天皇」がなぜ「日王」なのか――韓国メディアこだわりの限界
第六章 左翼権力エリートの偽善――チョグク スキャンダルの文化人類学
第七章 日本人より韓国人に読ませたい――ベストセラー『反日種族主義』と『親日派のための弁明』
第八章 韓国は日本の防波堤か――矛盾に満ちた文在寅語録
第九章 朴正煕に助けられた文在寅――大逆転のコロナ政治学
第十章 ぜいたくな貧困――映画『パラサイト』をめぐる大誤解
あとがき

もくじ

(目次 抜粋)
はじめに
第一章 日韓は後もどりできない
「歴史のワナ」にはまった?
100周年に経済宣戦布告
制裁に喜んだ文在寅
反日扇動は官製民族主義
歴史カードの無力化

第二章 反日不買運動と「日本隠し」の真相
輸出規制がなぜ侵略か 
「日本隠し」が対日感情を歪めた
韓国メディアとのバトル
ユーチューバーがクロダ擁護
日本にも制裁のツケ
ミツビシボールペンの人気と受難
世界で唯一の切ない不買運動 

第三章 果てしなき日韓擬似戦争の恨(ハン)
何でも旭日旗に見える反日病理学 
「戦犯の息子」発言の歴史歪曲と品格
旭日旗反日の起源
レーダー照射事件の論点ずらし
中国より危ない感情傾斜

第四章 日本人にも対韓被害意識がある
日本ヘイトは放置され歓迎される
日本人の歴史被害意識
「北の脅威」から始まった
押し寄せる隣国の内部対立
地政学的宿命からは逃れられない 

第五章 「天皇」がなぜ「日王」なのか
「令和」はどう伝えられたか
政府は「天皇」、メディアは「日王」
「日皇」もあった
昭和天皇崩御で「日王」に
金大中時代のつかの間の「天皇」
「日王」へ一気に回帰

第六章 左翼権力エリートの偽善
朴クネと文在寅の道徳性
民心は何に怒ったか
「チョン・ユラ」と「チョウ・ユラ」の悲喜劇
公正・平等・正義の看板に致命傷
陰の主役は今回も夫人
人脈社会の人脈犯罪

第七章 日本人より韓国人に読ませたい
日本右翼に通じる「深刻な騒音」
強制閉鎖された親日サイト
「親日罪」をとなえる人びと
植民地近代化論の変遷
慰安婦問題の聖域に挑戦
慰安婦少女像は種族結束のトーテム
歴史守旧勢力との困難な戦い

第八章 韓国は日本の防波堤か
不可解な突然の韓国防波堤論
お蔵入りしたはずの冷戦時代論理
南北協力で日本に勝つ
「日本より北朝鮮」の危うい方向性
歴史を国内政治に利用するのは誰か
原因と結果を取り違えた日本観
権力者が歴史をいじってはいけない

第九章 朴正煕に助けられた文在寅
父の身代わりとなった朴クネ
朴正熙は「日本」と「北朝鮮」で憎まれた
「平和」へのタダ乗り
「あらゆる災難は人災である」
コロナ自讃への急転換
コロナ国難を救った朴正熙の遺産 

第十章 ぜいたくな貧困
挙国的な歓喜と国際的絶賛
「寄生虫」は貧しくない
奇抜で秀逸な詐欺ドラマ
「金持ちだからいい人なんだよ」
不愉快だが面白い反権力風エンタメ
「貧困と格差」の真相
韓国人の恨(ハン)の物語

あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「反日 vs. 反韓 対立激化の深層」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 現産経新聞ソウル駐在特別記者兼論説委員、在韓40年?の著者による韓国論。 「最悪」と言われる日韓関係の原因は、「目に余る反日」に対する日本の反韓感情と喝破。「日本人の対韓被害者意識」から読み解きます。 現産経新聞ソウル駐在特別記者兼論説委員、在韓40年?の著者による韓国論。 「最悪」と言われる日韓関係の原因は、「目に余る反日」に対する日本の反韓感情と喝破。「日本人の対韓被害者意識」から読み解きます。 輸出規制、反日不買運動、旭日旗、レーダー照射事件、半日種族主義、映画「パラサイト」、など最近の話題を解説。互いに逃れられない関係である隣国。近年、「危うい関係」とまでエスカレートしてきている韓国をより深く知り、付き合ううえでのヒントを得る試み。 …続きを読む
    hisa_NAO
    2020年09月02日
    4人がナイス!しています
  • 第4章の「日本人にも対韓被害者意識がある」は、読んでも面白いが他は偏っているし、新しさもなくて今回はあまり読むところがなかった気がする。しかし、ここ40年の日韓関係が語れる人はいないので、今後も著作活 第4章の「日本人にも対韓被害者意識がある」は、読んでも面白いが他は偏っているし、新しさもなくて今回はあまり読むところがなかった気がする。しかし、ここ40年の日韓関係が語れる人はいないので、今後も著作活動を続けてほしい。価値のない嫌韓本とは次元が違うため。 …続きを読む
    ちんれん
    2020年08月25日
    4人がナイス!しています
  • 日本が韓国を見る目が変わったにはある意味納得。 逆にまだまだ韓国が日本離れできていないのかも。 日本は引き続きオトナの対応で、かつ、世界に言うべきことはきちんとアピールして欲しいものです。 日本が韓国を見る目が変わったにはある意味納得。 逆にまだまだ韓国が日本離れできていないのかも。 日本は引き続きオトナの対応で、かつ、世界に言うべきことはきちんとアピールして欲しいものです。
    カワやん☆
    2020年09月12日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品