燻り 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年09月24日
商品形態:
電子書籍

燻り

  • 著者 黒川 博行
発売日:
2016年09月24日
商品形態:
電子書籍

あかん、役者がちがう――。『破門』の直木賞作家、犯罪小説の真髄!

「ええな、抜け駆けと裏切りはなしやぞ」

便利屋を生業とする長尾のもとに、ある社長令嬢の不倫現場を隠し撮りしたビデオが持ち込まれた。旧知の総会屋と手を組み、長尾は一獲千金をもくろむが――(「地を払う」)。
拳銃を運ぶチンピラ、盗品を売りさばく骨董屋、パチンコ店を強請る2人組。関西の裏社会でくすぶり続ける男たちが、9つの事件を巻き起こす。哀しくも愛すべき悪党たちを直木賞作家が描いた、出色の犯罪小説集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「燻り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 情けない悪党ばかり。ちょいと欲を出したり、すけべ心が過ぎたり、断れずにずるずるっと引き摺られたり…。しっかりせい!やられたままでおるな!と、ため息つきたくなるような、どうしょうもない男たち。悪い事する 情けない悪党ばかり。ちょいと欲を出したり、すけべ心が過ぎたり、断れずにずるずるっと引き摺られたり…。しっかりせい!やられたままでおるな!と、ため息つきたくなるような、どうしょうもない男たち。悪い事するなら、もっと腰をすえてやらんかい!ってとこかなあ。 …続きを読む
    ケイ
    2017年02月10日
    148人がナイス!しています
  • あの船旅で疲れた脳を癒そうと手にした黒川作品、9つの事件の短編集。思った以上に軽過ぎましたぁ。1編のボリュームが。むしろ、それぞれを長編にしたら、まだ満足がいったかもですが、短過ぎの感が…。中には無理 あの船旅で疲れた脳を癒そうと手にした黒川作品、9つの事件の短編集。思った以上に軽過ぎましたぁ。1編のボリュームが。むしろ、それぞれを長編にしたら、まだ満足がいったかもですが、短過ぎの感が…。中には無理矢理終わらせた匂いが漂う作品も。元々、短編は好みではないので、余計に評価が低空飛行でございました。黒川氏好きなのにぃ…。こうなったら、幼少期から好きだったあの世界、…『マジシャン』っと。 …続きを読む
    まるけん
    2018年10月27日
    135人がナイス!しています
  • 9編の短編集。だからこそのスピード感。よくも9つも子悪党を気持ち良く落としてくれる技量に感服。地に堕ちた時の心理描写が目に浮かぶ。お気に入りは「二兎を追う」「迷い骨」が特に良かった。 9編の短編集。だからこそのスピード感。よくも9つも子悪党を気持ち良く落としてくれる技量に感服。地に堕ちた時の心理描写が目に浮かぶ。お気に入りは「二兎を追う」「迷い骨」が特に良かった。
    のり
    2018年09月29日
    96人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品