角川文庫

約束の森

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784041017784
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

約束の森

  • 著者 沢木 冬吾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784041017784

ベストセラー『償いの椅子』を超える、著者最高傑作がついに文庫化!

妻を亡くした元刑事の奥野は、かつての上司から指示を受け北の僻地にある別荘の管理人を務めることになる。やがて明らかになる謎の“組織”の存在。一度は死んだ男が、愛犬マクナイトと共に再び立ち上がる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「約束の森」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 絶望を知る者たちの再生物語。ページを捲る手が止まりませんでした。それぞれが心に闇を抱えた赤の他人に、人を信じることを止めてしまった一頭のドーベルマン。それぞれが試行錯誤しながら任務を遂行するために同じ 絶望を知る者たちの再生物語。ページを捲る手が止まりませんでした。それぞれが心に闇を抱えた赤の他人に、人を信じることを止めてしまった一頭のドーベルマン。それぞれが試行錯誤しながら任務を遂行するために同じ家で暮らす。徐々に距離が近くなっていく様子や、くすっとさせてくれる場面もあり、一気にストーリーに吸い込まれてしまいました。主要メンバー以外にも魅力的な人物もいて、アクション場面は緊迫感も十分。マクナイトと会話をするシーンは胸が熱くなりました。今後彼らが穏やかな日々を送れることを祈りたいです。 …続きを読む
    Rin
    2014年11月12日
    132人がナイス!しています
  • 暖かなハードボイルドでした。始めと終わりのアクションと半ばの家族物語が、微妙にマッチして、何となくほんわかした感じがいいです。設定が少し凝り過ぎの気もするが、気の良い登場人物が多いのも好感が持てます。 暖かなハードボイルドでした。始めと終わりのアクションと半ばの家族物語が、微妙にマッチして、何となくほんわかした感じがいいです。設定が少し凝り過ぎの気もするが、気の良い登場人物が多いのも好感が持てます。もちろん、マクナイトには脱帽です。どんちゃん、タイガー、ダイナマイトも可愛いし、映画の薀蓄も楽しめました。 …続きを読む
    山目
    2015年01月22日
    130人がナイス!しています
  • やたら人が死ぬし、最後の撃ち合いは非現実的過ぎだけど、とっても面白かった。マクナイトと会話する場面、どうして作ったんだろう。。それが無ければもっと良かったのに。最後、主人公を新しい家族が待っていてくれ やたら人が死ぬし、最後の撃ち合いは非現実的過ぎだけど、とっても面白かった。マクナイトと会話する場面、どうして作ったんだろう。。それが無ければもっと良かったのに。最後、主人公を新しい家族が待っていてくれて良かった。奥さんも近くで見守ってくれているはず!マクナイトにダイナマイト。そのセンス最高です。沢木さんの他の本を読んでみたいな。 …続きを読む
    まいまい
    2015年12月29日
    125人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品