Burn.‐バーン‐

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年03月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041107294

Burn.‐バーン‐

  • 著者 加藤 シゲアキ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041107294

「レイジ、魂を燃やせよ」愛と希望で、世界を灯せ。加藤シゲアキ小説第三弾

心を失くした天才子役、魔法使いのようなホームレス、愛に満ちた気さくなドラッグクイーン。渋谷で巡り逢った三人は、やがて家族のように互いを慈しみ大切な存在になっていく。家族、愛とは何かを問う熱い青春小説!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Burn.‐バーン‐」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 加藤シゲアキ、凄いな。アイドルやりながらこんな凄い小説も書いて。何が凄いって、ほんの少し出てきた脇役のような登場人物でも、あとから重要な役割で再登場するとか、伏線の張り方が緻密で読者を驚かせる筆力が凄 加藤シゲアキ、凄いな。アイドルやりながらこんな凄い小説も書いて。何が凄いって、ほんの少し出てきた脇役のような登場人物でも、あとから重要な役割で再登場するとか、伏線の張り方が緻密で読者を驚かせる筆力が凄い。どんな脇役にも意味があるという考え方は、芸能人だからこそ、その重要性を分かっているのだと思う。ラスト近く「お前も魂、燃やせよ」の下りで不覚にも涙してしまった。天才子役とホームレスとドラッグクイーンが出会って、物語はドラマチックに展開していく。子役を辞めて大人になり脚本家になったレイジ。Burnの幕が開く。 …続きを読む
    風眠
    2014年10月14日
    127人がナイス!しています
  • 連作短編形式に区切って章立てしてあったので読みやすかったけど過去と現在が混在してて最後まで何が言いたいのかわかりずらかった。でも最後の章の(Burn)を読んで題名の意味がわかって思わず上手いって納得し 連作短編形式に区切って章立てしてあったので読みやすかったけど過去と現在が混在してて最後まで何が言いたいのかわかりずらかった。でも最後の章の(Burn)を読んで題名の意味がわかって思わず上手いって納得しちゃった。混在してた物語や人間関係を上手く回収してるなあ。加藤くんなかなかやるなあ。人の縁の不思議さを感じられる小説でした。お勧め。 …続きを読む
    タックン
    2014年05月12日
    120人がナイス!しています
  • 現在と過去を行き来しながら輝く魂の物語のように思えました。人気子役時代と脚本家としての立場になったレイジの20年間が周りの人たちと共に交錯していくのに引き込まれました。人気子役ながらも孤独を抱えて冷め 現在と過去を行き来しながら輝く魂の物語のように思えました。人気子役時代と脚本家としての立場になったレイジの20年間が周りの人たちと共に交錯していくのに引き込まれました。人気子役ながらも孤独を抱えて冷めていた少年時代。父親として愛情深くなった青年。その背景には渋谷という街があり、描かれないロンドンでの20年があるように思えます。過去に戻りながら静かに燃えていく魂、そして舞台の開幕。そのベルの音が全てとの別れのように感じられてなりませんでした。そして同時に輝く未来へのスタート音とも。 …続きを読む
    優希
    2016年01月15日
    101人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

加藤 シゲアキ(かとう・しげあき)

1987年7月11日生まれ、大阪府出身。青山学院大学法学部卒。2012年1月、『ピンクとグレー』で作家デビュー。続いて13年2月に『閃光スクランブル』、14年3月に『Burn.-バーン-』を発表。“渋谷サーガ”シリーズとしてベストセラーに。ジャニーズ事務所のアイドルグループ、NEWSのメンバーとして芸能界でも活躍の場を広げている。主なドラマ出演作は「トラブルマン」「3年B組金八先生」「華和家の四姉妹」「花のズボラ飯」「失恋ショコラティエ」「大使閣下の料理人」など。 15年3月30日よりスタートした新番組「白熱ライブ ビビット」(TBS系)に、金曜レギュラーとして出演し、「体感!ビビットカルチャー」のコーナーを担当している。処女作『ピンクとグレー』が、監督・行定勲氏と脚本・蓬莱竜太氏のタッグにより映画化され、2016年新春に公開予定。

最近チェックした商品