試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041014370

熱波

  • 著者 今野 敏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041014370

沖縄で何が起ころうとしているのか? SAT、そして米軍が動き出す!

内閣情報調査室の磯貝竜一は、米軍基地の全面撤去を前提にした復興計画が進む沖縄を訪れた。だがある日、磯貝は台湾マフィアに拉致されそうになる。政府と米軍をも巻き込む事態の行く末は? 傑作長編小説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「熱波」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 20年以上前の今野作品。初期の頃のジャズネタと、隠蔽捜査の竜崎に通じるようなキャリア官僚の主人公。過渡期の作品かも。沖縄の問題をとりあげている。自由貿易とかシステムとかちょっとわかりづらいところはスル 20年以上前の今野作品。初期の頃のジャズネタと、隠蔽捜査の竜崎に通じるようなキャリア官僚の主人公。過渡期の作品かも。沖縄の問題をとりあげている。自由貿易とかシステムとかちょっとわかりづらいところはスルーしてしまったけど。最初は女にうつつをぬかしていたキャリア磯貝の『沖縄は誰にも渡さない』彼がそこまで腹をくくるようになる過程というか意識の変化が面白かった。割とあたりでした。 …続きを読む
    papako
    2020年10月28日
    67人がナイス!しています
  • 沖縄や北海道はやはり本土の政治に対してどうしようもない温度差があるのだろう。中央からみた地方自治体のあり方。それをコントロールしようという政治家や官僚。どうしても違和感が残らざるを得ない。特に沖縄は米 沖縄や北海道はやはり本土の政治に対してどうしようもない温度差があるのだろう。中央からみた地方自治体のあり方。それをコントロールしようという政治家や官僚。どうしても違和感が残らざるを得ない。特に沖縄は米軍の基地問題など一触即発の導火線がくすぶっているようにも思える。本書は中央から出向させられた自治省の官僚が沖縄という土地でその見方を変えていく姿を描いている。中々興味深い本だった。 …続きを読む
    Hitoshi Mita
    2014年09月16日
    43人がナイス!しています
  • 今野さんは任侠シリーズ以来。これも母親から譲り受けた作品だったけど、うーん、薄いなあ。なんか二時間ドラマを見たって感じ。観光、土地の事情といったものを網羅して、舞台が沖縄だから米軍、台湾マフィア、琉球 今野さんは任侠シリーズ以来。これも母親から譲り受けた作品だったけど、うーん、薄いなあ。なんか二時間ドラマを見たって感じ。観光、土地の事情といったものを網羅して、舞台が沖縄だから米軍、台湾マフィア、琉球王国の歴史といったところも盛り込んで。盛りだくさんなんだけど薄いんだよなあ。ごめんなさい、別作品に期待します。今野さんは母親文庫にまだ何冊かあったので。 …続きを読む
    TATA
    2018年04月10日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品