試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041007334

かもめ達のホテル

  • 著者 喜多嶋 隆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041007334

湘南の隠れ家ホテルで繰り広げられる秘密とは――

湘南のかたすみにひっそりと佇む、隠れ家のような一軒のホテル。強い風をさけて身を寄せ合うカモメたちのようにこのホテルを訪れる客人たち。若き女オーナーが彼らの秘密を解きほぐす。連作恋愛短編集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「かもめ達のホテル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • すごく心に染み入ってくる物語。でもいかんせん読点が変なところに多すぎて読みづらいのが難点かと・・・ すごく心に染み入ってくる物語。でもいかんせん読点が変なところに多すぎて読みづらいのが難点かと・・・
    まさきち
    2013年07月31日
    20人がナイス!しています
  • かなり久しぶりの喜多嶋作品。父の後を継ぎ、湘南でホテルを経営している美咲と、そのホテルに泊まるわけありな客達の連作短編。「わけあり」部分が切ないのに穏やかな気持ちになれる、そんな読了感でした。センチメ かなり久しぶりの喜多嶋作品。父の後を継ぎ、湘南でホテルを経営している美咲と、そのホテルに泊まるわけありな客達の連作短編。「わけあり」部分が切ないのに穏やかな気持ちになれる、そんな読了感でした。センチメンタル。私は喜多嶋作品のなかでも割りと好きです。 …続きを読む
    ゆう
    2013年10月24日
    11人がナイス!しています
  • この本を読んで思い出したのは、もう廃業された逗子のなぎさホテル。伊集院静氏の随筆でも有名で、私自身も若い頃宿泊したこともあり、勝手に背景を投影してしまいました。だから主人公の対宿泊客の言葉使いはかなり この本を読んで思い出したのは、もう廃業された逗子のなぎさホテル。伊集院静氏の随筆でも有名で、私自身も若い頃宿泊したこともあり、勝手に背景を投影してしまいました。だから主人公の対宿泊客の言葉使いはかなり違和感がありましたが、小説のシチュエーションとしては仕方ないのかな、と。それでも連作としての各短編の繋がりは軽くて心地よく読了。 …続きを読む
    rakim
    2015年11月16日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品