潮風メニュー

潮風メニュー

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041127483
label

潮風メニュー

  • 著者 喜多嶋 隆
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041127483

陽だまりのような小さな食堂。一緒なら、きっとうまくいく。

とれたての魚介類と、地元の有機野菜を使った料理が評判を呼び、海果の店は軌道に乗りはじめた。わけあって一人暮らしの 13 歳の愛に加え、迷子のサバトラの子猫も海果の家で暮らすことに。しかし、この店ごと買い取りたいという人が現れて――潮風の中で始まる恋と友情、そして新しい夢。葉山の海辺にある小さな料理店を舞台に、自分の居場所を見失った人々が、心を癒していく姿を温かく描くシリーズ。爽やかな感動の物語。


とれたての魚介類と、地元の有機野菜を使った料理が評判を呼び、海果の店は軌道に乗りはじめた。わけあって一人暮らしの 13 歳の愛に加え、迷子のサバトラの子猫も海果の家で暮らすことに。しかし、この店ごと買い取りたいという人が現れて――潮風の中で始まる恋と友情、そして新しい夢。葉山の海辺にある小さな料理店を舞台に、自分の居場所を見失った人々が、心を癒していく姿を温かく描くシリーズ。爽やかな感動の物語。


※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

潮風メニュー 目次

1  女優デビューも、楽じゃない
2  天使のラッパ
3  ポニー・テールは、少し切なくて
4  オジサン、化けの皮が、はがれちゃうよ
5  不ぞろいのトマトたち
6  それは、太陽の味がする
7  桃ちゃんは、天国で見ている
8  僕の心臓のBPMは……
9  青山通りを、タヌキが二匹
10 4800円が泳いでいる
11 ガサ入れ
12 君に嫉妬してた
13 せっかく、泳ぎを覚えるチャンスだったのに
14 不器用な町
15 タコは、ときどき噛みつくから
16 吾輩は猫であり、名前はサバティーニ
17 その手は、希望という名の苗を植えている
18 君の心は無添加だから
19 放っておけないんだよ
20 イカスミ砲
21 キャッチャー・ミットは、1センチも動かない
22 わたしのお母さんじゃないの?
23 幸せって……
24 そのとき、風が吹いた
25 ハートロス
26 ブイヤベースではじまる恋もある
27 あの夏に忘れ物
28 きっと、神様が見ていたんだ

あとがき

同じシリーズの作品

「潮風メニュー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「潮風キッチン」第二弾。葉山の地元っ子、海果のキッチンは少しずつ成果を上げていた。魚市場で捨てる魚を利用する「フードロス」料理が嬉しい。一人暮らしの13歳、愛や元プロ野球選手の一郎、そしてアイドルだが人 「潮風キッチン」第二弾。葉山の地元っ子、海果のキッチンは少しずつ成果を上げていた。魚市場で捨てる魚を利用する「フードロス」料理が嬉しい。一人暮らしの13歳、愛や元プロ野球選手の一郎、そしてアイドルだが人間を撮る事に目覚めた慎を交えて、話はどんどん膨らんで行く。更に店を買いたいと言う男まで現れて…。喜多嶋隆の小説は小気味よい。そしてキャラ設定とストーリーがハマった時に素晴らしいエンターテイメントが生まれる。CF愚連隊の流葉爽太郎たちも然りである。このシリーズは久々に面白い。第三弾が楽しみだ。 …続きを読む
    bura
    2023年04月15日
    74人がナイス!しています
  • 『潮風キッチン』の続き。前作は助走といった感じだったが、いよいよ物語が動き出した。海果、愛は厳しい境遇の中で少しずつ前進。一郎は再び野球の道を目指すのか。そして始まりかけた恋の行方がとても気になる。夢 『潮風キッチン』の続き。前作は助走といった感じだったが、いよいよ物語が動き出した。海果、愛は厳しい境遇の中で少しずつ前進。一郎は再び野球の道を目指すのか。そして始まりかけた恋の行方がとても気になる。夢がある、っていいなあ。次作へ。 …続きを読む
    tulip
    2024年05月23日
    33人がナイス!しています
  • 海辺の町で飲食店・ツボ屋を営む海果と愛を中心に居場所や目標を失い心に傷を抱えた人々の日々を描いた続編。お店の手伝いや食材の仕入れなど、様々なかたちでサポートしてくれる町の人との絆もより強くなってるし、 海辺の町で飲食店・ツボ屋を営む海果と愛を中心に居場所や目標を失い心に傷を抱えた人々の日々を描いた続編。お店の手伝いや食材の仕入れなど、様々なかたちでサポートしてくれる町の人との絆もより強くなってるし、季節ごとの魚や野菜を使った料理もレベルアップ。看板猫・サバティーニも仲間に加わって、いいお店になったなぁ。家族や仕事、金銭的な問題など様々な困難を受け入れて、自分だけでなく誰かのために何ができるか一所懸命考えて動く。この物語にはそんな優しさが溢れていて読むと温かい気持ちになる。神様はきっと見ているよ。 …続きを読む
    さくら★もち
    2023年02月06日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品