武田家滅亡 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年01月17日
商品形態:
電子書籍

武田家滅亡

  • 著者 伊東 潤
発売日:
2013年01月17日
商品形態:
電子書籍

戦国最強を誇った軍団はなぜ滅びたのか?

信玄亡きあと屈指の大国を受け継いだ武田勝頼は、内憂外患を抱えていた。近隣諸国からの脅威に加え、財政逼迫や家臣との対立も勝頼の孤立を深めてゆく。こうした状況のもと、同盟国・北条家から嫁いだ桂姫は、勝頼の苦悩に触れて武田・北条両家の絆たらんとするが……。信玄をも上回る武人の才に恵まれながら悲劇の主人公となった勝頼の後半生を、歴史小説界に現れた破格の才能が活写する本格歴史長編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「武田家滅亡」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 長篠合戦での敗北から武田家の滅亡迄を描く。とても良く調べて書かれている印象。津本陽氏の「武田信玄」で、長坂釣閑や跡部大炊助らの佞臣により武田勝頼が政策や判断を誤るのは知っていた。本作では甲相同盟の証と 長篠合戦での敗北から武田家の滅亡迄を描く。とても良く調べて書かれている印象。津本陽氏の「武田信玄」で、長坂釣閑や跡部大炊助らの佞臣により武田勝頼が政策や判断を誤るのは知っていた。本作では甲相同盟の証として勝頼に嫁いだ桂姫の視線が加わり、北条家との関係も色濃く描かれれている。果たして勝頼が生き残る途はあったのか。太郎義信の謀反により急遽、武田の後継者となった勝頼。偉大な父である信玄からの権限委譲や権威付けの時間が不足。金の産出量の枯渇による財政難。腹心の部下が佞臣。偉大すぎる父を持った、勝頼の哀しみを見た。 …続きを読む
    yoshida
    2017年02月12日
    173人がナイス!しています
  • 北条夫人が武田家に嫁いでから滅亡までをじっくり描いた一冊。滅亡する事を知った上で様々な思惑渦巻く武田家の話を読み進めるのは結構悲しいものがある。近年は再評価も進んで「勝頼=武田家を潰した無能」という感 北条夫人が武田家に嫁いでから滅亡までをじっくり描いた一冊。滅亡する事を知った上で様々な思惑渦巻く武田家の話を読み進めるのは結構悲しいものがある。近年は再評価も進んで「勝頼=武田家を潰した無能」という感じは薄れてきた気がする。最大版図を築いたとはいえ父親に比べて色々と恵まれてなかったんだなーと思う。 …続きを読む
    岡本
    2017年11月03日
    130人がナイス!しています
  • 凄い圧です。伊東さんは好きな作家さんで何作か読んでますが、本作は抜群の名作だと思います。-武田勝頼。カリスマ信玄の後継者。偉大な父を超えれなかった悲劇の武将、名門武田家を破滅に導いた愚かな武将-英雄達 凄い圧です。伊東さんは好きな作家さんで何作か読んでますが、本作は抜群の名作だと思います。-武田勝頼。カリスマ信玄の後継者。偉大な父を超えれなかった悲劇の武将、名門武田家を破滅に導いた愚かな武将-英雄達の狭間に埋もれて負のイメージが先行してしまいます。武田家の威勢よ再び-巻返しを図り外敵との攻防に心血を注ぐも止まらない家内統制の乱れ。桂姫との切ない夫婦の日々。生き恥をさらすのか、再興を目指すのか。無念の死か誇り高き最期か。愛情、哀情、慕情、憎悪、大義…滅びの美学という一言では収まらない深い余韻を残します。 …続きを読む
    とん大西
    2019年07月15日
    114人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品