角川文庫

武田家滅亡

戦国最強を誇った軍団はなぜ滅びたのか?

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
656
ISBN:
9784043943210
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

武田家滅亡

戦国最強を誇った軍団はなぜ滅びたのか?

  • 著者 伊東 潤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
656
ISBN:
9784043943210

戦国最強を誇った軍団はなぜ滅びたのか?

戦国時代最強を誇った武田の軍団は、なぜ信長の侵攻からわずかひと月で跡形もなく潰えてしまったのか? 戦国史上最大ともいえるその謎を、本格歴史小説界の俊英が解き明かす壮大な歴史長編。

メディアミックス情報

NEWS

「武田家滅亡」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 長篠合戦での敗北から武田家の滅亡迄を描く。とても良く調べて書かれている印象。津本陽氏の「武田信玄」で、長坂釣閑や跡部大炊助らの佞臣により武田勝頼が政策や判断を誤るのは知っていた。本作では甲相同盟の証と 長篠合戦での敗北から武田家の滅亡迄を描く。とても良く調べて書かれている印象。津本陽氏の「武田信玄」で、長坂釣閑や跡部大炊助らの佞臣により武田勝頼が政策や判断を誤るのは知っていた。本作では甲相同盟の証として勝頼に嫁いだ桂姫の視線が加わり、北条家との関係も色濃く描かれれている。果たして勝頼が生き残る途はあったのか。太郎義信の謀反により急遽、武田の後継者となった勝頼。偉大な父である信玄からの権限委譲や権威付けの時間が不足。金の産出量の枯渇による財政難。腹心の部下が佞臣。偉大すぎる父を持った、勝頼の哀しみを見た。 …続きを読む
    yoshida
    2017年02月12日
    173人がナイス!しています
  • 北条夫人が武田家に嫁いでから滅亡までをじっくり描いた一冊。滅亡する事を知った上で様々な思惑渦巻く武田家の話を読み進めるのは結構悲しいものがある。近年は再評価も進んで「勝頼=武田家を潰した無能」という感 北条夫人が武田家に嫁いでから滅亡までをじっくり描いた一冊。滅亡する事を知った上で様々な思惑渦巻く武田家の話を読み進めるのは結構悲しいものがある。近年は再評価も進んで「勝頼=武田家を潰した無能」という感じは薄れてきた気がする。最大版図を築いたとはいえ父親に比べて色々と恵まれてなかったんだなーと思う。 …続きを読む
    岡本
    2017年11月03日
    129人がナイス!しています
  • 良かったです! 久しぶりに大作を読みきったという充実感に満たされた感じです。長篠の戦い後、武田と同盟関係にあった北条家より桂姫を迎え入れるところから物語は始まります。信玄亡きあとの大国を引き継いだ勝頼 良かったです! 久しぶりに大作を読みきったという充実感に満たされた感じです。長篠の戦い後、武田と同盟関係にあった北条家より桂姫を迎え入れるところから物語は始まります。信玄亡きあとの大国を引き継いだ勝頼のとまどいと苦難が痛々しいくらいに伝わってきます。頂点に立つ者の孤独とか裏切り、そして友情。滅亡へと向かって廃れ行く過程は悲しすぎます。この作品で描かれている物静かな勝頼のイメージとも相まって、戦国の世の非情を感じずにはいられない、伊東作品としてはちょっとウエット感のある作品だったと思います>< …続きを読む
    あさひ@WAKABA NO MIDORI TO...
    2016年08月28日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

伊東 潤(いとう じゅん)

『国を蹴った男』で吉川英治文学新人賞、『巨鯨の海』で山田風太郎賞を受賞。著書に『西郷の首』など多数。

この著者の商品

最近チェックした商品