ALONE TOGETHER

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041007068

ALONE TOGETHER

  • 著者 本多 孝好
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041007068

孤独な魂が共鳴する時、物語は始まる――。

「私が殺した女性の、娘を守って欲しいのです」。3年前に医大を辞めた僕に、教授が切り出した突然の依頼。それが物語の始まりだった――。人と人はどこまで分かりあえるのか? 瑞々しさに満ちた長編小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ALONE TOGETHER」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 決して明るく穏やかな物語ではない、かといって陰鬱なだけでなくほのかな希望が見え隠れする。『よくできました』。“他人と波長をシンクロさせる”という主人公・柳瀬の能力は、本人すら自覚できていない心の奥底ま 決して明るく穏やかな物語ではない、かといって陰鬱なだけでなくほのかな希望が見え隠れする。『よくできました』。“他人と波長をシンクロさせる”という主人公・柳瀬の能力は、本人すら自覚できていない心の奥底まで抉り出す。作中で抉り出された深層心理は人の心の奥底に存在する昏い部分、でも本当は優しさや希望も同様に存在しているのだけれどね。柳瀬の関わったいくつかの物事は実はひとつもはっきりとした結末が描かれていない、物語自体もハッピーエンドといえるのかどうか?でもそれはそれでいいのだと思わせる不思議な読後感の作品です。 …続きを読む
    おかむー
    2015年01月19日
    67人がナイス!しています
  • どうもこの人の文章は読み手の心の痛点をチクチクと刺してくるな。相手の波長に「シンクロ」してしまう能力を持った男の話。よく分からないだろうけど、自分も読むまで分からなかった。この「シンクロ」の能力は作中 どうもこの人の文章は読み手の心の痛点をチクチクと刺してくるな。相手の波長に「シンクロ」してしまう能力を持った男の話。よく分からないだろうけど、自分も読むまで分からなかった。この「シンクロ」の能力は作中では「呪い」として存在していて、皆が(本人さえも)認めたくない自分と向き合い、壊れていく。作中の誰もがどんなに足掻いても他人と一つになれない孤独感を抱えて生きているのだけど、「シンクロ」の能力があっても救われるどころか、さらに孤独を深めてしまうあたりが痛い。それでもその真実にケンカを売る骨太さが好みの作家。 …続きを読む
    ジンベエ親分@flying-frog改め
    2019年10月19日
    49人がナイス!しています
  • 他人の波長と同調(シンクロ)する能力を持った男が主人公の話。内容は重い寄りですが、作者の文章の書き方が好きなのですんなり読めました。本多さんは四作目、シリーズ読んでるので二種目なんですけど、男の人はど 他人の波長と同調(シンクロ)する能力を持った男が主人公の話。内容は重い寄りですが、作者の文章の書き方が好きなのですんなり読めました。本多さんは四作目、シリーズ読んでるので二種目なんですけど、男の人はどこか影があるというかなにか秘めてますね(笑)他のは違うかもですが。全てを曝け出してしまう事は良い事、悪い事にはっきり区分はできないですね。 …続きを読む
    ミホ
    2014年11月29日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

本多 孝好

1971年東京都生まれ。慶應大学卒業。94年「眠りの海」で小説推理新人賞受賞。99年受賞作を収録した『MISSING』で高い評価を得る。『FINE DAYS』収録の「イエスタデイズ」、『真夜中の五分前』、『ストレイヤーズ・クロニクル』、『at Home』が映画化。他著に『MOMENT』『WILL』『正義のミカタ』『チェーン・ポイズン』『魔術師の視線』『君の隣に』など。

最近チェックした商品