にっぽん怪盗伝 新装版 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年01月17日
商品形態:
電子書籍

にっぽん怪盗伝 新装版

  • 著者 池波 正太郎
発売日:
2013年01月17日
商品形態:
電子書籍

「鬼平」の原点ともいうべき江戸捕物帳・鬼平外伝!

ふた月前の夜、池ノ端仲町の日野屋に賊が押し入り、金を奪って逃げた。あるじ久次郎は奉行所に届け出たが、恋女房のおきぬが犯されたことは隠していた。もう忘れようと夫婦が互いにいたわりあっていた矢先、再び同じ賊が日野屋に押し入る…。火付盗賊改方の頭に就任した長谷川平蔵は、神出鬼没の盗賊団捕縛を命じられ、正念場を迎える。「江戸怪盗記」をはじめ、人の世の哀感を滲ませる、「鬼平」の原点ともいうべき傑作捕物帳。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「にっぽん怪盗伝 新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かったです。ピカレスク時代小説なので、出てくるのは悪人ばかりなのですが、その生き様や死に様、成功と破滅が鮮やかに描かれていると思いました。世の中の裏で生きているような人々なのに憎めない魅力を描き出 面白かったです。ピカレスク時代小説なので、出てくるのは悪人ばかりなのですが、その生き様や死に様、成功と破滅が鮮やかに描かれていると思いました。世の中の裏で生きているような人々なのに憎めない魅力を描き出すのにしびれます。鬼平の原点のようなので、いつか鬼平を読みたいですね。 …続きを読む
    優希
    2017年02月03日
    113人がナイス!しています
  • 火付盗賊改方に取り締まられる側の盗賊が主の短編集です。 火盗といっても鬼平が登場したのは『江戸怪盗記』1作でした。やや拍子抜けしたものの、他の短編も面白かったです。 意外な展開と鬼平の裁きがかっこいい 火付盗賊改方に取り締まられる側の盗賊が主の短編集です。 火盗といっても鬼平が登場したのは『江戸怪盗記』1作でした。やや拍子抜けしたものの、他の短編も面白かったです。 意外な展開と鬼平の裁きがかっこいい『江戸怪盗記』。金の入った包みを拾いながらも実直にそれを持ち主に返した女乞食に感心し、鰻を御馳走する《夜兎の角右衛門》。そしてその女の片腕がないのは、己の“はたらき”の際、手下が三ケ条の掟を破ったからだと知り…。自身の理を通した角右衛門の潔さは盗人ながらかっこいいと思いました。『市松小僧始末』 → …続きを読む
    さら
    2020年09月08日
    22人がナイス!しています
  • さいとうたかをの鬼平の原作となっている印象深い話ばかりで、内容がいい。市井に潜む怪盗や周囲の人の様子が生き生きとしていて、どれも考えられたストーリーで良かった。さすが池波正太郎作品でした。コンビニで鬼 さいとうたかをの鬼平の原作となっている印象深い話ばかりで、内容がいい。市井に潜む怪盗や周囲の人の様子が生き生きとしていて、どれも考えられたストーリーで良かった。さすが池波正太郎作品でした。コンビニで鬼平また買って、合間に読みました。 …続きを読む
    えむ女
    2013年01月29日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品