試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041058411

西郷隆盛 新装版

  • 著者 池波 正太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041058411

名匠が描破する西郷隆盛

「本書によって西郷のみならず明治維新の革命の真相を理解できたと思う」(解説より)――作家・常盤新平氏
近代日本の夜明け、明治維新に燦として輝きを放つ西郷隆盛。「西郷は真の政治家でありながら、世に横行する政治家ではない。西郷は詩人の魂をもった理想家であり教育家であった。芸術家になっても、すばらしい業績をのこしていたろう。そしてさらに、西郷は軍人でもなかったのである」と著者が言い切った男の半世紀の足どりを克明に追った伝記小説。名匠が描いた維新史としても読みごたえ十分の力作。

メディアミックス情報

NEWS

「西郷隆盛 新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大河の予習で初西郷さん。幕末は得意でないので頁数の少ない本作を選びましたが、これがミスったか。本編の7割ぐらいを占める大政奉還までの流れが超ダイジェスト。幕末のドン濃い事件が多すぎて主人公の西郷さんが 大河の予習で初西郷さん。幕末は得意でないので頁数の少ない本作を選びましたが、これがミスったか。本編の7割ぐらいを占める大政奉還までの流れが超ダイジェスト。幕末のドン濃い事件が多すぎて主人公の西郷さんが霞んでいたような印象を受けました。明治に入ってから、漸く西郷さんの苦悩に喘ぐ様子が感じられました。ただ、もう、この時代になると敷居の高いゴリゴリの政治ドラマに西郷さんも埋没してたような…。勉強不足でもあり、ちょいと自分にはあわんかったかも。やっぱり幕末モノって長編の方がええんかな? …続きを読む
    とん大西
    2017年10月08日
    45人がナイス!しています
  • 西郷どんは実際に魅力的な人物だったのだろうと感じさせる筆致。明治維新を西郷の視点で見る小説だ。あまりにスムースに政権交代が行われたかに外国には見えた維新だが、内実は維新の原動力となった薩長土肥の有力者 西郷どんは実際に魅力的な人物だったのだろうと感じさせる筆致。明治維新を西郷の視点で見る小説だ。あまりにスムースに政権交代が行われたかに外国には見えた維新だが、内実は維新の原動力となった薩長土肥の有力者同士の反目、各藩・士族の不満に政府は傾注せざるを得なかった状況がよく判る。政治経済について旧幕府に代わって近代化を推し進めたい明治政府の役人、今でいう国会議員、国家公務員の命懸けの働きが伝わってくる。それにしても西南戦争で西郷を失った重大さが惜しまれる。 …続きを読む
    saga
    2017年12月22日
    35人がナイス!しています
  • 封建制度を打破せんとした革命運動の結果は〔貴族〕と〔士族〕と〔平民〕の階級差別を生み、新政府は旧藩派閥の勢力あらそいに明け暮れる。今次大戦後の日本とよく似ている。戦後の日本は〔民主主義国家〕となったの 封建制度を打破せんとした革命運動の結果は〔貴族〕と〔士族〕と〔平民〕の階級差別を生み、新政府は旧藩派閥の勢力あらそいに明け暮れる。今次大戦後の日本とよく似ている。戦後の日本は〔民主主義国家〕となったのはよいが、それが現在おそるべき〔金銭万能〕の国家社会を生み出してしまった。西郷は〔真の政治家〕でありながら、世に横行する〔政治家〕ではない。西郷は詩人の魂をもった理想家であり教育家であった。そこに彼の本性がある。芸術家になってもすばらしい業績をのこしていたろう。そしてさらに西郷は〔軍人〕でもなかったのである。 …続きを読む
    naoudo
    2018年05月21日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品