試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
360
ISBN:
9784048694391

狼と香辛料V

  • 著者 支倉 凍砂
  • イラスト 文倉 十
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
360
ISBN:
9784048694391

メディアミックス情報

NEWS

「狼と香辛料V」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 一部文脈的におかしな箇所があったがそれ以外は大変満足の巻。ただこのホロの恋愛観ってラノベ読む層に刺さるのか?正直一番共感できそうなのは40~50代辺りだと思うわwこの内容ならシリーズの最後くらいに持っ 一部文脈的におかしな箇所があったがそれ以外は大変満足の巻。ただこのホロの恋愛観ってラノベ読む層に刺さるのか?正直一番共感できそうなのは40~50代辺りだと思うわwこの内容ならシリーズの最後くらいに持ってきたほうが魅力が増したかも。私も再読してみてより良さが分かった感じなので再読するならいくらか寝かせてからがいいでしょう。まるでワインのような物語。 オススメ度:★★★★ …続きを読む
    葉月雫
    2016年11月15日
    8人がナイス!しています
  • 商人と言うのは大変な仕事なんだなぁと思います。人のことを信用したりできなくなってしまうんじゃないかと思います。騙されたことさえ騙される側が悪いと言うことになるなんて私には無理だなぁ。騙されたことに加え 商人と言うのは大変な仕事なんだなぁと思います。人のことを信用したりできなくなってしまうんじゃないかと思います。騙されたことさえ騙される側が悪いと言うことになるなんて私には無理だなぁ。騙されたことに加えて、なし崩しにホロとの旅を終わりにしなければならないなんて、かわいそうすぎです。回避できて本当に良かった。そしてつづきが気になります。 …続きを読む
    セイ
    2019年05月18日
    5人がナイス!しています
  • 前の4冊と比べると穏やかに話が進んでいく今作。だがやはりどんでん返しが後半にありました。このボリュームで最後までいけるのか?と思いつつページをめくっていたらいきなり終了しました(電子書籍につき唐突)。 前の4冊と比べると穏やかに話が進んでいく今作。だがやはりどんでん返しが後半にありました。このボリュームで最後までいけるのか?と思いつつページをめくっていたらいきなり終了しました(電子書籍につき唐突)。どうやら次にもまたがるみたい。ホロの恋愛観?はなんとなくわかるなーって気がします。付き合うまでの気持ちでいたいってやつに似てるなーと(ちがいますかね?)。取引のきな臭さに気づいたロレンスは担保にしていたホロを取り戻しますが果たしてその先は、という続きも楽しみです。あと会話の裏を読むのも楽しい作品ですね。 …続きを読む
    トモキオ
    2017年06月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品