七姫物語 第二章 世界のかたち 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年03月31日
商品形態:
電子書籍

七姫物語 第二章 世界のかたち

  • 著者 高野 和
  • イラスト 尾谷 おさむ
発売日:
2016年03月31日
商品形態:
電子書籍

移りゆく時の中で、少女が見つめるものは……

今ではない時代、ここではない場所。 そこでは、七つの都市が先王の隠し子と呼ばれる姫君を擁立し、国家統一を目指して割拠した。 その中の一人、野心に満ちた大嘘つきの若者、テンとトエに担がれ、七宮カセンという都市国家を統べる姫となった少女カラスミ。 名もなき市井の人であったはずの彼女が、姫としての道を歩み始めた時、世界が静かに動き始めた……。 第9回 電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞作、待望の続編!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「七姫物語 第二章 世界のかたち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 冬のお話。傭兵将軍キリハの登場以外は、ゆったりとした流れの2巻。黒胡椒を使ってヒカゲをいじるテン様や空澄姫の大人形に笑った。仲の良いテン様とトエ様のやりとりを眺めるカラとヒカゲの構図が平和で微笑ましい 冬のお話。傭兵将軍キリハの登場以外は、ゆったりとした流れの2巻。黒胡椒を使ってヒカゲをいじるテン様や空澄姫の大人形に笑った。仲の良いテン様とトエ様のやりとりを眺めるカラとヒカゲの構図が平和で微笑ましい。絵空師エヅさんもまた登場してほしい。ラストで、変わらない空気の中で進む彼女との対話は、立場上対立してるように思えないほど。p197の「私は、もうお祭りの中にいます。3年前始めました」「僕らのお祭りは、まだ前夜祭ぐらいだしね」の言葉が好き。口絵カラーの空澄以外の姫殿下達の絵は、p125で触れられた錦絵なのね。 …続きを読む
    幸音
    2015年11月01日
    14人がナイス!しています
  • 雪のため戦のない、一見穏やかな冬の祭りの始まり。今回初出の絵描きさん、四宮の傭兵将軍キリハ。どういった形にしろ、また会える時がくるでしょう。本当は2人とも七宮に留まって欲しかったけど。ヒカゲが無口なん 雪のため戦のない、一見穏やかな冬の祭りの始まり。今回初出の絵描きさん、四宮の傭兵将軍キリハ。どういった形にしろ、また会える時がくるでしょう。本当は2人とも七宮に留まって欲しかったけど。ヒカゲが無口なんだけど、だんだん性格とか感情面がわかってきて、本当にいい子です。☆5 …続きを読む
    優羽美月
    2007年04月01日
    6人がナイス!しています
  • 電子書籍。読み放題。七姫たちが少しずつ出てきたり。カラとして街で過ごす日常が描かれたり。大きな戦いはなく、緊迫した場面はあれど、ゆるやか。最後のクロハさんとの会話がなんともうつくしくて好きだなと思った 電子書籍。読み放題。七姫たちが少しずつ出てきたり。カラとして街で過ごす日常が描かれたり。大きな戦いはなく、緊迫した場面はあれど、ゆるやか。最後のクロハさんとの会話がなんともうつくしくて好きだなと思った。 …続きを読む
    2020年01月20日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品