彼らの夏、ぼくらの声 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年02月28日
商品形態:
電子書籍

彼らの夏、ぼくらの声

  • 著者 山際 淳司
発売日:
2014年02月28日
商品形態:
電子書籍

スポーツ・ノンフィクションは「文学」である。ファン必読

スポーツの世界を旅しはじめると、その面白さに惹かれて深入りしてしまう。季節でいえば真夏日にも似た、ヒロイックな日日を送っているスポーツマンたちとともに、同じ季節感の中で生きている自分がいる。一瞬の夏の煌きを綴った珠玉のスポーツ・ノンフィクション集。

メディアミックス情報

NEWS

「彼らの夏、ぼくらの声」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 山際淳司が青木勝利について書くときわざわざタイソンを持ち出してくるの残酷極まりないのだけど、それによって一気にセンチな感じに引っ張っていくのとにかく良い。 山際淳司が青木勝利について書くときわざわざタイソンを持ち出してくるの残酷極まりないのだけど、それによって一気にセンチな感じに引っ張っていくのとにかく良い。
    ぼっせぃー
    2015年07月26日
    1人がナイス!しています
  • 「八八四八メートルのラッシュアワー」。エベレスト頂上付近では、10人でも”混雑”状況で、10分15分の遅れが命取りとなることが印象的でした。それにしても、よく無酸素で登ろうなんて思うよなぁ。故・根本陸 「八八四八メートルのラッシュアワー」。エベレスト頂上付近では、10人でも”混雑”状況で、10分15分の遅れが命取りとなることが印象的でした。それにしても、よく無酸素で登ろうなんて思うよなぁ。故・根本陸夫氏のエピソード「オールド・ボーイズ・オブ・サマー」、「ぼくと十一人のルーキーたち」「早すぎたJリーガーたち」などが面白かった。彼らが懸念していたプロ意識、ある程度は形成されているんではないでしょうか。Jでの釜本さん奥寺さん見たかったな。久しぶりにスポーツエッセイ(ルポ?)読んだがやっぱりいいですね。 …続きを読む
    やっさん
    2014年03月08日
    1人がナイス!しています
  • やっぱりきれいな文章だな、と思ったし昔もそう思っていたと思う。 ただ、学生時代に読んだときとは僕の立場と経験が少し変わっていて、そういう意味では昔と感想が違うのかもしれない。実体験に照らす作業が加わっ やっぱりきれいな文章だな、と思ったし昔もそう思っていたと思う。 ただ、学生時代に読んだときとは僕の立場と経験が少し変わっていて、そういう意味では昔と感想が違うのかもしれない。実体験に照らす作業が加わったわけだ。良いか悪いかはともかくとして。 最近は、(当然)昔と違ってプロであること、結果を出すことを求められる。だから、憧れのプロスポーツ選手、という見方ではなく社会で存在感を出すことを義務付けられた同士、そしてそれをこなした先輩という見方になってきた。つまり、憧れでなく成りうる到達目標へと彼らは変化した。 …続きを読む
    青海老
    2016年05月30日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品