試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
288
ISBN:
9784040822655

衣笠祥雄 最後のシーズン

  • 著者 山際 淳司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
288
ISBN:
9784040822655

山際淳司が描いた衣笠祥雄、星野仙一らレジェンドの横顔。再編集版で復刻。

タフな男であるはずだった。
ちょっとぐらいの骨折なら、
何もいわずにゲームに出ていくような男だった。
そしていつものようにプレイして、
けろりとしている男だった。
“鉄人”にふさわしいエピソードをいくつも残していた。
その鉄人の、心の内側は、
とてもナイーブで傷つきやすく、繊細だった。
それが見えたとき、
人はこの鉄人を好きになるのだろう、と思われた。
(「バットマンに栄冠を――衣笠祥雄の最後のシーズン」より)

衣笠祥雄、星野仙一、根本陸夫、東尾修、荒木大輔、落合博満、田淵幸一、江夏豊。
昭和のレジェンドの素顔に迫る、山際淳司・プロ野球短編傑作選。

もくじ

第一章 名将
・メルセデスにて
・オールド・ボーイズ・オブ・サマー
第二章 名投手
・<サンデー兆治>のこと
・二〇〇勝のマウンド
・そして今夜もエースが笑う
第三章 強打者
・アウトコース
・田淵の夏の終わり
・バットマンに栄冠を――衣笠祥雄の最後のシーズン
終章 引退
・一本松にて

メディアミックス情報

NEWS

「衣笠祥雄 最後のシーズン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今は亡き山際淳司の名選手に関するエッセイを再編集したもの。「名将」、「名投手」、「強打者」、「引退」の4つのジャンルに分けられ、9つのエッセイから成る。こんなタイトルだが、これはそのうちの最も長い1篇 今は亡き山際淳司の名選手に関するエッセイを再編集したもの。「名将」、「名投手」、「強打者」、「引退」の4つのジャンルに分けられ、9つのエッセイから成る。こんなタイトルだが、これはそのうちの最も長い1篇。私のようなロートル(こんな言葉、わかるかな?)にとっては懐かしくも、綺羅星のごとく輝いていた名前が並ぶ。この人に野球選手を語らせると深みと、そして何よりもプロフェッショナルであることの意味を再認識することになる。もっと長く生きて、その後の名選手たちー例えばイチローや松井、田中、大谷について語ってほしかった。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2021年05月16日
    361人がナイス!しています
  • 本屋さんで平積みされていて見逃せるわけがない、このタイトル。いいな野球ライター。わたしも山際氏みたいになりたい(夢は大きく) 。この本、衣笠氏だけじゃなくて星野氏や落合氏など、昭和のレジェンドがずらり 本屋さんで平積みされていて見逃せるわけがない、このタイトル。いいな野球ライター。わたしも山際氏みたいになりたい(夢は大きく) 。この本、衣笠氏だけじゃなくて星野氏や落合氏など、昭和のレジェンドがずらり。9人いたら9人それぞれのドラマがある。でもやっぱりここは衣笠祥雄よ。彼の最後のシーズンに何があったのか。子ども心におサルさんみたいだなーと思って見てた衣笠祥雄。彼はいつも笑っていた。野球のある国に生まれて幸せだなと思う。広島に生まれてよかったと思う。ここまで野球を好きになれてわたしってめでたいなと思う。 …続きを読む
    miu
    2018年09月16日
    20人がナイス!しています
  • 山際さんのスポーツノンフィクションは大好きだった。図書館で新書を見つけたので読んでみた。なつかしい。思えばこの本のタイトルにもなっている鉄人もあっけなく逝ってしまわれた。今頃天国で、山際さんと野球談議 山際さんのスポーツノンフィクションは大好きだった。図書館で新書を見つけたので読んでみた。なつかしい。思えばこの本のタイトルにもなっている鉄人もあっけなく逝ってしまわれた。今頃天国で、山際さんと野球談議に花を咲かせているかな? …続きを読む
    雲國斎
    2021年06月25日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品