145gの孤独 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年07月25日
商品形態:
電子書籍

145gの孤独

  • 著者 伊岡 瞬
発売日:
2013年07月25日
商品形態:
電子書籍

横溝賞作家が贈る、ハートウォーミング・ミステリ!

プロ野球投手の倉沢は、試合中の死球事故が原因で現役を引退した。その後彼が始めた仕事「付き添い屋」には、奇妙な依頼客が次々と訪れて……情感豊かな筆致で綴り上げた、ハートウォーミング・ミステリ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「145gの孤独」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • とあることをきっかけに便利屋に転職した元プロ野球選手のサクセスストーリーでした。と思いきや、ちゃっかりハートウォーミングミステリーでした。雨樋掃除などの仕事にウンザリした日々を主人公は送っていました。 とあることをきっかけに便利屋に転職した元プロ野球選手のサクセスストーリーでした。と思いきや、ちゃっかりハートウォーミングミステリーでした。雨樋掃除などの仕事にウンザリした日々を主人公は送っていました。そんな中、ひょんなことから、とある小学生のスポーツ観戦に付き添いました。以降、【付き添い屋】を始めることになりました。その付き添い屋の背景に隠された真実にはビックリしました。伏線やミスリードなど叙述トリックには、まんまと騙されました。しかしながら、純粋な付き添い屋ならば利用したいと思いました。 …続きを読む
    Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】
    2017年01月16日
    75人がナイス!しています
  • 元プロ野球の投手倉沢は、試合中の危険球で対戦相手に大けがを負わせ、それが原因で現役を引退した。その後便利屋を始めその一環として「付き添い屋」も請け負う。145gは、野球の硬球の重さ、倉沢のオヤジくさい 元プロ野球の投手倉沢は、試合中の危険球で対戦相手に大けがを負わせ、それが原因で現役を引退した。その後便利屋を始めその一環として「付き添い屋」も請け負う。145gは、野球の硬球の重さ、倉沢のオヤジくさいギャグに時折ニヤリ。ガリ勉少年の優介くんが可愛かったなあ。 …続きを読む
    ゆみねこ
    2015年05月07日
    67人がナイス!しています
  • 【図書館】読み始めると、探偵ものみたいな感じで進んでいくのかな、何か事件に繋がるのかなと思っていたら、そうではない。主人公の抱えている、抜け出すことのできない過去の出来事。彼のトラウマはどうやれば克服 【図書館】読み始めると、探偵ものみたいな感じで進んでいくのかな、何か事件に繋がるのかなと思っていたら、そうではない。主人公の抱えている、抜け出すことのできない過去の出来事。彼のトラウマはどうやれば克服できるのだろうか?周囲には彼を案じてくれている人もいる。なのにどうして、と思っていたら最後はびっくり。確かに読み終わってみると違和感を感じる部分はあった。でもその部分を私はあまり意識していなかったのでやられたなぁという思いが一番。私はあまりペースが進まなかったけれど、物語自体は読みやすいと思います。 …続きを読む
    Rin
    2018年11月05日
    56人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品