怪談実話系7 書き下ろし怪談文芸競作集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840143998

怪談実話系7 書き下ろし怪談文芸競作集

  • 著者 恒川 光太郎
  • 著者 高野 秀行
  • 著者 黒 史郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840143998


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談実話系7 書き下ろし怪談文芸競作集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。恒川光太郎さん「布団窟」は「白昼夢の森の少女」で既読。高野秀行さん「神隠し」が秀逸でした。東雅夫さんによる「平地人を戦慄せしめよー『遠野物語』の血脈」とともに読むと、怪談に国境がないのだなと 図書館本。恒川光太郎さん「布団窟」は「白昼夢の森の少女」で既読。高野秀行さん「神隠し」が秀逸でした。東雅夫さんによる「平地人を戦慄せしめよー『遠野物語』の血脈」とともに読むと、怪談に国境がないのだなと思います。巻末に「幽・文庫通信」と三篇の「投稿怪談」があるけれど、ともかく字が小さくて読みづらかった。ページを増やしてでもいいので、もう少し大きな字で掲載して欲しいと思いました。 …続きを読む
    アーちゃん
    2019年07月22日
    31人がナイス!しています
  • 魚石が良かった。怪談実話「系」とあるので、やはり波があるんだよね。 魚石が良かった。怪談実話「系」とあるので、やはり波があるんだよね。
    ナディ
    2018年03月25日
    29人がナイス!しています
  • 高野作品だけ。既読の本に出ていたことが薄く書かれているだけなので高野作品多読の私は読まなくてもよかったようだ 高野作品だけ。既読の本に出ていたことが薄く書かれているだけなので高野作品多読の私は読まなくてもよかったようだ
    ごへいもち
    2015年08月16日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品