ロマンスドール

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年02月20日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840127073

ロマンスドール

  • 著者 タナダ ユキ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年02月20日
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840127073


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロマンスドール」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • お気に入りさんが、読んで良かったなぁって心から言ってる気がしたから手に取りました。タナダユキさんはふがいない僕は空を見たとか、監督された映画はどれも好きだったけど、小説書いてるのは知らなかったなあ。本 お気に入りさんが、読んで良かったなぁって心から言ってる気がしたから手に取りました。タナダユキさんはふがいない僕は空を見たとか、監督された映画はどれも好きだったけど、小説書いてるのは知らなかったなあ。本書はラブドール職人とその奥さんの話。お気に入りさんとも装丁デザインをアレみたいだねって笑ってたんだけど、読んでみるとすごく意味があって、今あらためて見ると泣きそうになる。2人の男女がすれ違って、もがいて、確かめ合って自分たちなりの夫婦のカタチを探していく、何とも切なく儚い恋の物語。ほんっとに読んで良かったぁ。 …続きを読む
    YM
    2014年12月05日
    58人がナイス!しています
  • 読破。『腹上死』から始まる、オトナの、『愛』の物語。なかなかにオススメ。 読破。『腹上死』から始まる、オトナの、『愛』の物語。なかなかにオススメ。
    七色一味
    2020年03月08日
    31人がナイス!しています
  • 高橋一生さんと蒼井優さん出演の映画、未鑑賞のまま、こちらを手に取る。お二人の顔をイメージしながら読み続け、あっという間に読了。よくもまぁこんなに身勝手な男の側で、謙虚に「妻」として演じ続けられるなぁ。 高橋一生さんと蒼井優さん出演の映画、未鑑賞のまま、こちらを手に取る。お二人の顔をイメージしながら読み続け、あっという間に読了。よくもまぁこんなに身勝手な男の側で、謙虚に「妻」として演じ続けられるなぁ。愛した方が負けなのか、数年で蓄積された情が超越してしまうのか。高橋一生さんと蒼井優さんというイメージの定着のおかげで、嫌悪感はあまり感じられないのがブラボー。ドロドロなのにキレイという、妙なギャップに不思議な感覚を覚えました。「自分がやってることは相手もやってると思え」。←何を当たり前のことを。 …続きを読む
    assam2005
    2020年02月26日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品