出口のない楽園

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840124584

出口のない楽園

  • 著者 岩井 志麻子
  • 編集 ダ・ヴィンチ編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840124584

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「出口のない楽園」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • お下劣な自虐にもにた文章のなかに、鮮烈なイメージ、においたつ表現が煌めく。例えば死者たちの子供が夜毎男の屍体と交わるような場面はなかなか他の作家では魅力的に表現できないのではなかろうか。屍体になりたい お下劣な自虐にもにた文章のなかに、鮮烈なイメージ、においたつ表現が煌めく。例えば死者たちの子供が夜毎男の屍体と交わるような場面はなかなか他の作家では魅力的に表現できないのではなかろうか。屍体になりたいと思ったし(笑 …続きを読む
    巨峰
    2014年04月26日
    23人がナイス!しています
  • どこか不幸な女たち。関わらないほうが良いものに、ついつい引き寄せられてしまうような。幻想と妄想、生と死が入り混じっていて、その境目で漂っている感じ。 どこか不幸な女たち。関わらないほうが良いものに、ついつい引き寄せられてしまうような。幻想と妄想、生と死が入り混じっていて、その境目で漂っている感じ。
    バーベナ
    2013年12月31日
    2人がナイス!しています
  • 現実と妄想の境目がない物語の集まりという感じ。 完全に岩井志麻子が作り出したキャラクターのそれもあるし、岩井志麻子という人自身が現実と嘘の境を歩いてるみたいのもある。 なんか、脳みその中で、なんとな 現実と妄想の境目がない物語の集まりという感じ。 完全に岩井志麻子が作り出したキャラクターのそれもあるし、岩井志麻子という人自身が現実と嘘の境を歩いてるみたいのもある。 なんか、脳みその中で、なんとなくいろいろ思い返しているうちに、少しずつ脱線して妄想っぽくなってきて、だけど、そのまま文章に起こしました。というような。 なんとなく、脳みその中の思考をそのままダダ漏れにしたような不思議さ。 …続きを読む
    きよこ
    2008年12月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品