チョコレートコスモス 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2012年01月12日
商品形態:
電子書籍

チョコレートコスモス

  • 区分表記なし 恩田 陸
発売日:
2012年01月12日
商品形態:
電子書籍

二人の天才女優が、役をめぐり火花を散らす!

芝居の面白さには果てがない。一生かけても味わい尽くせない。華やかなオーラを身にまとい、天才の名をほしいままにする響子。大学で芝居を始めたばかりの華奢で地味な少女、飛鳥。二人の女優が挑んだのは、伝説の映画プロデューサー・芹澤が開く異色のオーディションだった。これは戦いなのだ。知りたい、あの舞台の暗がりの向こうに何があるのかを──。少女たちの才能が、熱となってぶつかりあう! 興奮と感動の演劇ロマン。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「チョコレートコスモス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新型コロナウィルス対策購入シリーズ第53弾、恩田 陸は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。コロナ禍のおかげで気になっていた未読の本書を読めました。『蜜蜂と遠雷』に匹敵すると言われるだけあって、長 新型コロナウィルス対策購入シリーズ第53弾、恩田 陸は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。コロナ禍のおかげで気になっていた未読の本書を読めました。『蜜蜂と遠雷』に匹敵すると言われるだけあって、長編ですが、一気読みしました。但し、著者が三部構想をしているためか、完成度は、『蜜蜂と遠雷』が上だと思います。第二部『ダンデライオン』、第三部『チェリーブロッサム』を早く読みたい! …続きを読む
    starbro
    2020年05月20日
    561人がナイス!しています
  • オーディションという場は『選ばれる、選ばれないということの残酷さ』を伴ったものであると語る恩田さん。緊迫感のある演劇シーンの描写、『天才』に人間臭さを感じる描写、そしてこれから始まる本編に向かう期待感 オーディションという場は『選ばれる、選ばれないということの残酷さ』を伴ったものであると語る恩田さん。緊迫感のある演劇シーンの描写、『天才』に人間臭さを感じる描写、そしてこれから始まる本編に向かう期待感の描写。文字が叫び、文字が祈り、文字が舞う、恩田さんの圧倒的な文字の表現力に酔う読書。全身鳥肌状態必死の大胆なまでの伏線回収に酔う読書。「蜜蜂と遠雷」と同じ地平に立つ恩田陸さん渾身の一作であるこの作品。「蜜蜂」に心震わせた方には、あの感動が蘇るひと時。う〜ん、これいいなあ、と素直に感じた、そんな作品でした。 …続きを読む
    さてさて
    2021年04月30日
    448人がナイス!しています
  • 見えないものを見て感動する能力は読書で必要だが、舞台演劇でも同じ。実力ある女優の響子、脚本家の神谷。そして初心者だが能力を秘めている飛鳥と彼女を見つめる巽。多くの読者が「ガラスの仮面」を連想するのがよ 見えないものを見て感動する能力は読書で必要だが、舞台演劇でも同じ。実力ある女優の響子、脚本家の神谷。そして初心者だが能力を秘めている飛鳥と彼女を見つめる巽。多くの読者が「ガラスの仮面」を連想するのがよく分かる。オーディションでの緊張と能力の解放は素晴らしい。減点は飛鳥の成長過程が表現でなく急いだ説明になっていること。続きがあるそうだが読みたい。読み友さんのレビューから興味を持って読んだ。500ページという厚さも読む価値あり。今まで恩田作品は「何か足りない」と思っていたが、考えを改めるべきか。 …続きを読む
    zero1
    2019年01月11日
    426人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品