続氷点(上)

続氷点(上)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041003862
label

続氷点(上)

  • 著者 三浦 綾子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041003862

人は罪を許せるのか……時代を超えた感動の名作!

自殺を図った陽子は、命は助かったものの、自分が不倫の末の子として生まれたことを知り逆に苦悩が深まる。潔癖な陽子は、生母・恵子への憎しみを募らせていく……。 自殺を図った陽子は、命は助かったものの、自分が不倫の末の子として生まれたことを知り逆に苦悩が深まる。潔癖な陽子は、生母・恵子への憎しみを募らせていく……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「続氷点(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 凍結したと思われた物語が融解し、新たに広がり始めた。動的な展開が散見されるにもかかわらず相変わらず静的な印象をもたらすのは、個人の深い瞑想状態のような独白があるわけではないにしろ、各々の心の動きを満遍 凍結したと思われた物語が融解し、新たに広がり始めた。動的な展開が散見されるにもかかわらず相変わらず静的な印象をもたらすのは、個人の深い瞑想状態のような独白があるわけではないにしろ、各々の心の動きを満遍なく俯瞰するような地の文が続くからか。そして由香子との再会シーン、彼女の諦観的な物言いには刺さるものがあった。北の大地を彷徨ったであろう彼女の10年はここまでには描かれていないが、彼女もまた画面外で生きてきたのだ。恵子も然り、陽子のような高潔さを持った人間だけが、罪を自覚し傷を負うのではない…ひとまず下巻へ。 …続きを読む
    ナマアタタカイカタタタキキ
    2021年05月06日
    117人がナイス!しています
  • 人間の罪深さを感じる。嫉妬、疑念、復讐様々な罪を犯してしまう。その罪の重さに苦しみ後悔する。この作品にもたくさんの罪がある。その罪を人は許せるのだろか。とても深い作品。陽子の頑な過ぎる潔癖さに救われる 人間の罪深さを感じる。嫉妬、疑念、復讐様々な罪を犯してしまう。その罪の重さに苦しみ後悔する。この作品にもたくさんの罪がある。その罪を人は許せるのだろか。とても深い作品。陽子の頑な過ぎる潔癖さに救われる。 …続きを読む
    ゴンゾウ@新潮部
    2017年01月29日
    108人がナイス!しています
  • 前作を読んでから時があきすぎ、ラストを読み直ししてから本書を手にとる。陽子の自殺未遂から、辻口家を取り巻く環境が少しずつ変化しつつある。出生の真実を知った陽子は心を閉ざし、考え方や人への接し方が平板に 前作を読んでから時があきすぎ、ラストを読み直ししてから本書を手にとる。陽子の自殺未遂から、辻口家を取り巻く環境が少しずつ変化しつつある。出生の真実を知った陽子は心を閉ざし、考え方や人への接し方が平板になっていく。相変わらず、村井と夏枝には嫌悪感が募る。辻口にしろ、いまいち態度が定まらず煩悶する日々。育ての家族と実の親の存在を知った今、陽子はどこに向かって生きていくのか…下巻へ。 …続きを読む
    のり
    2017年04月09日
    105人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品