試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041003855

続氷点(下)

  • 著者 三浦 綾子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041003855

愛と罪の赦しにせまった感動巨編、完結。

大学生になった陽子は偶然実の弟・達哉に出会い、実母・恵子のことを知る。また兄・徹と、徹の親友・北原に求愛され悩む陽子。複雑な人間関係の中で、いつしか陽子は成長し実母への憎しみが薄れていく……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「続氷点(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「罪は、たとえ人間の命をもってしても、根本的につぐない得ないもの。確かに罪とは、ゆるされる以外にどうしようもないものかもしれない。」 罪を犯したことがない人間なんてひとりもいない。生を受け産まれくるこ 「罪は、たとえ人間の命をもってしても、根本的につぐない得ないもの。確かに罪とは、ゆるされる以外にどうしようもないものかもしれない。」 罪を犯したことがない人間なんてひとりもいない。生を受け産まれくることこそ罪なのかも知れない。だからこそ大切に生きなければならない。 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2017年01月29日
    109人がナイス!しています
  • 陽子の潔癖さが、次第に己を苦しめる。産みの親と育ての親。二つの家庭を思い遣り、誰にも本音を語れず…ストレス溜まるだろうなぁ~。異性への想いも揺れ動く。生きるという事は、生易しくはないが、陽子のおかれた 陽子の潔癖さが、次第に己を苦しめる。産みの親と育ての親。二つの家庭を思い遣り、誰にも本音を語れず…ストレス溜まるだろうなぁ~。異性への想いも揺れ動く。生きるという事は、生易しくはないが、陽子のおかれた立場は苦難過ぎる。結局最後まで夏枝には呆れた。人には冷酷で、余計な事まで口にする。しかも色好みで嫉妬深い。旦那の忍耐力に拍手。(^o^)ラストはようやく光が射し、力んで読んでいたため、未来が開けそうでホッとした。結婚相手は読者の想像任せなのかな?勝手に自己判断しましたけど… …続きを読む
    のり
    2017年04月12日
    102人がナイス!しています
  • 大学に進学した陽子が異父弟・達哉と出会うことで複雑な人間関係が白昼にさらされていくようでした。その様子はまさに昼ドラを連想させます。それでいながら色濃い宗教色。キリスト教という背景が物語を人間の愛と赦 大学に進学した陽子が異父弟・達哉と出会うことで複雑な人間関係が白昼にさらされていくようでした。その様子はまさに昼ドラを連想させます。それでいながら色濃い宗教色。キリスト教という背景が物語を人間の愛と赦しというテーマへと結びつけているのだと思います。陽子の目の当たりにした燃える流水の奇跡がイエス・キリストの流された血の象徴であり、それを感じ取れたからこそ救いを得ることができたのでしょう。浮き彫りになった「原罪」を赦せるかをテーマに、読み切らせてくれました。愛と罪と赦しの物語に胸を打たれるばかりです。 …続きを読む
    優希
    2015年08月05日
    88人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品