氷点(上)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年06月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041003404

氷点(上)

  • 著者 三浦 綾子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年06月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041003404

人間の愛と赦しをテーマにした大ベストセラー!

妻・夏枝が逢い引きをしている隙に3歳の娘を殺害された辻口は、夏枝への復讐のために、密かに当の殺人犯の娘・陽子を養女にする……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「氷点(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • もの凄い小説!『愛と罪と許しをテーマにした著者の代表作』とあるが、未だ上巻、それでも読み手に迫りくる圧力を感じる!病院長夫人の夏枝は美しく、夫の愛と子宝に恵まれていた。しかし若き医師と逢い引きしてる間 もの凄い小説!『愛と罪と許しをテーマにした著者の代表作』とあるが、未だ上巻、それでも読み手に迫りくる圧力を感じる!病院長夫人の夏枝は美しく、夫の愛と子宝に恵まれていた。しかし若き医師と逢い引きしてる間に愛娘が殺害される。夫は妻への復讐の為、獄中で自殺した犯人の娘を引き取り養子に迎える。何も知らない夏枝は陽子と名付け、喪った愛娘以上の愛情を注ぎ、陽子は天使のような性格で美しく育つ。やがて夫の復讐心からの行為を知った夏枝!『疑心暗鬼』という人間関係の悪魔が蠢き作品中で膨らむ不穏❗ヤバい予感しか、しない‼️🙇 …続きを読む
    三代目 びあだいまおう
    2019年09月06日
    304人がナイス!しています
  • 節制された活字で的確に伝わる感情、秋風に揺れる葦のような人の心を見事に描いている。不運(?)が重なり我が子を殺された親の悲しみの上に、おまけに猜疑心から招いた誤解は膨らんでやりどころのない憎しみを持っ 節制された活字で的確に伝わる感情、秋風に揺れる葦のような人の心を見事に描いている。不運(?)が重なり我が子を殺された親の悲しみの上に、おまけに猜疑心から招いた誤解は膨らんでやりどころのない憎しみを持って一生を暮らす、そんな辛い生き方しか出来ない啓造と夏枝が哀れで居た堪れない。他の生き方があるとしたら、憎まない事。憎まない為にはどうするか。愛するしかないのではないかと思う2人であったが、体は付いて行けない。歯をくいしばって本音を隠して互いは追いつ追われつ…。下巻に続く。 …続きを読む
    🅼🆈½ ユニス™
    2018年10月04日
    167人がナイス!しています
  • 学生時代に読んで以来の再読。これだけ残酷で憎しみに縛られた親子関係があるのだろうか。キリストの「汝の敵を愛せ」という言葉が重くのしかかってきます。啓造夫妻の疑心と嫉妬に満ちたゆがんだ夫婦関係が陽子と徹 学生時代に読んで以来の再読。これだけ残酷で憎しみに縛られた親子関係があるのだろうか。キリストの「汝の敵を愛せ」という言葉が重くのしかかってきます。啓造夫妻の疑心と嫉妬に満ちたゆがんだ夫婦関係が陽子と徹の純粋な兄妹愛にどう襲い掛かるのか油断できない。 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2016年04月04日
    114人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品