試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041004319

海嶺(下)

  • 著者 三浦 綾子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041004319

歴史に翻弄された男たちの数奇な運命!

岩松改め岩吉、久吉、音吉の3人は、幾多の困難を乗り越え、5年ぶりに日本を目の前にしている。しかし彼らに対する祖国の仕打ちは容赦ないものだった……感動巨編、涙の完結編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「海嶺(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 哀しい結末にただ辛かったです。祖国の地に戻ることを夢見ていた岩松改め岩吉、久吉、音吉。異国の地での無償の愛とキリスト教との出会いは彼らにとってとても大きなことだったに違いありません。やがて日本に帰国す 哀しい結末にただ辛かったです。祖国の地に戻ることを夢見ていた岩松改め岩吉、久吉、音吉。異国の地での無償の愛とキリスト教との出会いは彼らにとってとても大きなことだったに違いありません。やがて日本に帰国する願いが叶うと思ったものの、祖国の冷たい仕打ちが酷い。外国船というだけで抗戦体制に入ったのが想像もつかない結末でした。運命の皮肉さを感じずにはいられませんでした。 …続きを読む
    優希
    2016年02月17日
    87人がナイス!しています
  • 1年2ヵ月も漂流し、漂流後どれだけ辛くても頑張れたのは、ひたすら帰郷を願い、家族を思って生きてきたから!それなのに彼らの待ち受けていた運命ときたら…。鎖国という弊害がこんなところにも表れている。幕府側 1年2ヵ月も漂流し、漂流後どれだけ辛くても頑張れたのは、ひたすら帰郷を願い、家族を思って生きてきたから!それなのに彼らの待ち受けていた運命ときたら…。鎖国という弊害がこんなところにも表れている。幕府側の言い分もあっただろうがこれが史実。この史実を著者風のフィクションに仕上げるとどうしてもキリスト教が表に現れてくるが、学生時代キリスト教系の学校へ通っていた事もあり、このキリスト教や聖書というモノも久しぶりに思い出した。時代だったとはいえ切なすぎる! …続きを読む
    レアル
    2016年09月22日
    66人がナイス!しています
  • 下巻が1番苦しかった。苦しい思いをして読んできて、これ。彼等のその後を思えば思うほど、幸せとは、故郷とはと考え込んでしまう。罪なき人が石を投げればいい。私も石は投げられない。 下巻が1番苦しかった。苦しい思いをして読んできて、これ。彼等のその後を思えば思うほど、幸せとは、故郷とはと考え込んでしまう。罪なき人が石を投げればいい。私も石は投げられない。
    2018年04月12日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品