角川ホラー文庫

戦都の陰陽師

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784043944927
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

戦都の陰陽師

  • 著者 武内 涼
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784043944927

戦国の世。一人の陰陽師の姫が、都を救う。まったく新しい陰陽師物語──!

信長上洛の噂が囁かれる戦乱の京。数百年ぶりに結界に深刻な穴が生じ、侵入する妖の跳梁を許してしまう。陰陽師・土御門家の姫・光子は、伊賀の忍び7人を護衛に、出雲に隠された霊剣を求める危険な旅に出る。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「戦都の陰陽師」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 友人からの紹介本。なかなか文体に馴染めず…スピードが乗らなかった。でも設定は興味深い。安倍晴明の血筋に忍びたち。魔性の存在に人の思惑が入り乱れている。女性の陰陽師である光子が強すぎる訳ではなく心の弱さ 友人からの紹介本。なかなか文体に馴染めず…スピードが乗らなかった。でも設定は興味深い。安倍晴明の血筋に忍びたち。魔性の存在に人の思惑が入り乱れている。女性の陰陽師である光子が強すぎる訳ではなく心の弱さ、迷いはもちろん式神も万能ではない。術者に左右される部分もあって戦いがより緊迫していた。光子と疾風、忍びたちの旅はまだ終わりではないみたい。光子と疾風に関しては関係の変化もありそうなので気になるところ。残念ながら最後まで読み難さが残ったけれど、残り2冊も手元にあるのでゆっくりと読んで行こうと思います。 …続きを読む
    Rin
    2019年02月11日
    61人がナイス!しています
  • ★★★☆☆_「こぼれ落ちたフェアのかけら」第五弾。【暗く黒い夜の底からフェア】からのこぼれ落ち。この作者(忍者大好き)の良いところ。それは、男心をくすぐる設定づくりが抜群にうまいこと。安倍晴明の血を受 ★★★☆☆_「こぼれ落ちたフェアのかけら」第五弾。【暗く黒い夜の底からフェア】からのこぼれ落ち。この作者(忍者大好き)の良いところ。それは、男心をくすぐる設定づくりが抜群にうまいこと。安倍晴明の血を受け継ぐ姫と、姫を守る伊賀忍者7人の、伝説の剣を巡る逃亡劇。お気に入りさんの美女軍団には、このワクワク感、分かるまい。そんで、この作者の悪いところ。それは、「ドッカーン!」や「ズバーン!」という表現がアホっぽすぎるところ。でも、ドッカーン!をちょっと待ってる自分がいる。では、皆の者、さらばでごさる!ドッカーン! …続きを読む
    キャプテン
    2018年10月18日
    44人がナイス!しています
  • 戦国時代。京の都。魔界への口を開こうと画策していた天魔に対抗すべく、土御門家の姫・光子は伊賀忍者たち七人と、霊剣・速秋津比売の剣を取りに出雲へと旅立つ。テンポがよく戦闘シーンなど迫力があって面白かった 戦国時代。京の都。魔界への口を開こうと画策していた天魔に対抗すべく、土御門家の姫・光子は伊賀忍者たち七人と、霊剣・速秋津比売の剣を取りに出雲へと旅立つ。テンポがよく戦闘シーンなど迫力があって面白かった。敵は魔物だけではなく剣の力を我が物にしようとする人間たち。英雄として描かれがちな戦国武将や大名たちのえげつない部分が容赦なく書かれていて、歴史的知識、時代考証など、史実と虚構の織り交ぜ方も巧みで良かった。台詞の方言も古い言葉が使われていて、世界観がリアル。忍の生き方の苛烈さ、寂寥感は心に痛かった。 …続きを読む
    つたもみじ
    2016年12月16日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品