角川文庫

秀吉を討て

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041051399
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

秀吉を討て

  • 著者 武内 涼
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041051399

時代小説の若き旗手が放つ、戦国時代エンタテインメント!

根来の若き忍び・林空は、総帥・根来隠形鬼に呼び出され「秀吉を討て」と命じられる。 林空は仲間とともに、家康との合戦のため、甲賀忍者・山中長俊らの鉄壁な守りに固められた秀吉を銃撃しようとするが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「秀吉を討て」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆_「きゃぷ衛門とゆく時の旅フェア」【西暦1584年安土桃山時代─小牧長久手の戦い編】山崎の戦いが「猿」対「禿」ならば、小牧長久手の戦いは「猿」対「狸(家康)」、「関ヶ原」よりも前の、天下分け ★★★☆☆_「きゃぷ衛門とゆく時の旅フェア」【西暦1584年安土桃山時代─小牧長久手の戦い編】山崎の戦いが「猿」対「禿」ならば、小牧長久手の戦いは「猿」対「狸(家康)」、「関ヶ原」よりも前の、天下分け目の第一戦といえる戦でごさる。順調に天下人の道を進む秀吉殿は、暴君と化していく。拙者はその背を付け狙う根来衆(和歌山の忍び)と行動を共にして、猿と狸の大じゃれ付き合いを見てきたでござる。前半の暗殺編はなかなかでごさったが、あの男のしょぼさには閉口したでごさる笑。暴君と化した猿の行く末を見に、次の時へ向かおう。 …続きを読む
    キャプテン
    2017年11月18日
    49人がナイス!しています
  • こんなスゴい人達が日本にいたことに驚いた。雑賀、根来という名前を知っていても、どんな人達か知らなかったので、余計にビックリ。ストーリーも、登場人物も魅力的。忍同士の戦いにもワクワクした。面白くて満足の こんなスゴい人達が日本にいたことに驚いた。雑賀、根来という名前を知っていても、どんな人達か知らなかったので、余計にビックリ。ストーリーも、登場人物も魅力的。忍同士の戦いにもワクワクした。面白くて満足の一冊。 …続きを読む
    てんつく
    2018年01月25日
    13人がナイス!しています
  • 忍者ものと、読む前はあまり期待していなかったが、いい意味で期待を裏切ってくれた一冊でした。史実を織り交ぜアクション満載。 暗殺者野風と同じテ-ストで満足な一冊でした。 忍者ものと、読む前はあまり期待していなかったが、いい意味で期待を裏切ってくれた一冊でした。史実を織り交ぜアクション満載。 暗殺者野風と同じテ-ストで満足な一冊でした。
    wakusan
    2017年11月21日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品