期間限定の思想 「おじさん」的思考2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043707065

期間限定の思想 「おじさん」的思考2

  • 著者 内田 樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043707065

大好評『「おじさん」的思考』に続く、成熟した大人になるための知的参考書

「女子大生」を仮想相手に、成熟した生き方をするために必要な知恵を伝授。自立とは? 仕事の意味とは? 希望を失った若者の行方は? 様々な社会問題を身体感覚と知に基づき一刀両断する、知的エッセイ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「期間限定の思想 「おじさん」的思考2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりに内田本を読んだ。話題が十年以上前のものであるが、内田樹の文章も今より多少軽薄な感じである。前半は女性を嫌いになりそうな論考があり、なかなか面白かった。『説教値千金』は説教の名の通り耳が痛い言 久しぶりに内田本を読んだ。話題が十年以上前のものであるが、内田樹の文章も今より多少軽薄な感じである。前半は女性を嫌いになりそうな論考があり、なかなか面白かった。『説教値千金』は説教の名の通り耳が痛い言葉も多い。最近内田本を読む気も起きなくなっていたが(旬を過ぎたか?)、やっぱりたまには読もうと思う。 …続きを読む
    さわやか寺ちゃん
    2013年06月15日
    23人がナイス!しています
  • 『おじさん的思考』に続いて、私の内田樹発見の書である。相変わらず、文庫化されればまた買っている。書かれた文章は、今からもう10年ほど前になるのに、今読んでもまだ面白い。人間はどうして自分がつらい目に遭 『おじさん的思考』に続いて、私の内田樹発見の書である。相変わらず、文庫化されればまた買っている。書かれた文章は、今からもう10年ほど前になるのに、今読んでもまだ面白い。人間はどうして自分がつらい目に遭った時、他の人にはそんな経験をさせたくないと思わず、自分と同じように苦しめと思うのか? なるほど、そういうことだったか…と10年経った今また納得。会社の先輩が後輩に結婚しろ、家を買え、という理由は…覚えていた。10年経っても私の頭の中に残っている部分もあるのかと思うと、少しほっとした。 …続きを読む
    Gatsby
    2011年12月16日
    23人がナイス!しています
  • ★★★☆☆内田樹本はしばらく敬遠していたけど、今回久しぶりに読んでみると意外にも楽しそうに読んでいる自分がいた。著者自身が言うとおり内田樹は「私の専門家」であって、この人の思考回路そのものを楽しむのが ★★★☆☆内田樹本はしばらく敬遠していたけど、今回久しぶりに読んでみると意外にも楽しそうに読んでいる自分がいた。著者自身が言うとおり内田樹は「私の専門家」であって、この人の思考回路そのものを楽しむのがこの本の読み方なのだろう。扱う時事ネタは古くても少しも鮮度が落ちない理由がそこにある。例えば「子どもたちはなぜ街で座るのか」は安部公房「箱男」を読み解くヒントになるし「暴力の伝播を停止させる方法」は高橋弘希「送り火」のテーマそのものだ。その鮮度は落ちるどころか年月の経過でさらに魅力を増していると言える。 …続きを読む
    来未
    2019年01月17日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品