「おじさん」的思考

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043707058

「おじさん」的思考

  • 著者 内田 樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043707058

急変する時代の下で、成熟した大人として生きるための必読テキスト!

こつこつ働き、家庭を愛し、正義を信じ、民主主義を守る――今や時代遅れとされる「正しいおじさんとしての常識」を擁護しつつ思想体系を整備し、成熟した大人になるための思考方法を綴る、知的エッセイ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「おじさん」的思考」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 時々「そうかなあ?」と思うところはあるけれど、おおむね共感できる内容だった。人は、身体実感として味わったことのない経験について論じなければならない場面に出くわす。そういう時に適当なごまかしをかまさない 時々「そうかなあ?」と思うところはあるけれど、おおむね共感できる内容だった。人は、身体実感として味わったことのない経験について論じなければならない場面に出くわす。そういう時に適当なごまかしをかまさないための智慧は、どこまでいっても理路を追って筋を考えるということに尽きる。それで抗いつつ、しかし経験不足を真摯に受け止める謙虚さのあるところに知性は光る。 …続きを読む
    物書き・チャンダーラ
    2017年12月02日
    49人がナイス!しています
  • おばさんも読んでみた。日頃何気なく過ぎて行く事に対して鋭い批判と分析をしている。おじさん的っていうか、思考がとっても哲学的でこんな見方をするのだと感心して新鮮だった。 おばさんも読んでみた。日頃何気なく過ぎて行く事に対して鋭い批判と分析をしている。おじさん的っていうか、思考がとっても哲学的でこんな見方をするのだと感心して新鮮だった。
    やっち@カープ女子
    2016年03月19日
    33人がナイス!しています
  • 「正しいおじさんたち」がこれまで信じてきたもの、それはたしかに十分に説得的ではなかったし、歴史的風雪にも耐えられなかった。しかし、それを棄ててしまったあと、いったい何を信じることができるのだろう。どれ 「正しいおじさんたち」がこれまで信じてきたもの、それはたしかに十分に説得的ではなかったし、歴史的風雪にも耐えられなかった。しかし、それを棄ててしまったあと、いったい何を信じることができるのだろう。どれほど脆弱なモラルであろうとも、「おじさん」たちが有り金を賭けることのできるどんなモラルが他にあるというのだろう。/モラルの価値は、その内部に自存するわけではない。それに張られた賭け金の総額がモラルの市場価値を形成するのである。/ならば、もう一度、「不在のモラル」に賭け金を置いてみないか/unlimitedにて …続きを読む
    樋口佳之
    2019年06月12日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品