街場の大学論 ウチダ式教育再生

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043707041

街場の大学論 ウチダ式教育再生

  • 著者 内田 樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043707041

ニッポンの教育はどこに行く?

今や日本の大学は「冬の時代」、私大の四割が定員を割る中、大学の多くは市場原理を導入し、過剰な実学志向と規模拡大化に向かう。教養とは? 知とは? まさに大学の原点に立ち返って考える教育再生論。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「街場の大学論 ウチダ式教育再生」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 当時の日比谷高校は非常に魅力的である。大学に関する問題はシビアで答えが難しい、あっても出来ないパラドックスを孕んでいる。 当時の日比谷高校は非常に魅力的である。大学に関する問題はシビアで答えが難しい、あっても出来ないパラドックスを孕んでいる。
    マエダ
    2019年01月12日
    58人がナイス!しています
  • 内田樹5冊目。大学教育にまつわるエッセイ、というより個人的なボヤキ。半分以上流し読み。読む価値がないとは思わないが、読者の立場を相当選ぶという点において万人受けはしなさそう。たまに良いことも書いてある 内田樹5冊目。大学教育にまつわるエッセイ、というより個人的なボヤキ。半分以上流し読み。読む価値がないとは思わないが、読者の立場を相当選ぶという点において万人受けはしなさそう。たまに良いことも書いてあるけど、おそらく他の本にもっと詳細に書いてるんだろう。/と、ぼんやり思いながら読み進めていたら、10章及び11章が主張の要諦はのあり、それは立場を超えた包括的かつ原理的なものであり、1〜9章はそれを示すための布石だったことに気付く。なるほど、なかなか練られた構成だ。 …続きを読む
    まさひろ
    2018年08月21日
    26人がナイス!しています
  • 内田先生の本を大先輩に紹介してもらってからというもの、ひたすら読みまくり、勝手に門下生になりました。講義をまさに学生に戻って受けている気分になります。知性的で刺激的。内田先生に一度お会いしできたらな、 内田先生の本を大先輩に紹介してもらってからというもの、ひたすら読みまくり、勝手に門下生になりました。講義をまさに学生に戻って受けている気分になります。知性的で刺激的。内田先生に一度お会いしできたらな、とよく思います。「なんだかまだよく分からないけど、この人はきっととんでもなくすごい人に違いない」という気持ちで、これまで身近な人、歴史上の人とたくさんの先達に弟子入りしてきましたが、こうやってまた新たに憧れの対象をもてるのは幸せなことです。次は『教育論』の講座に突入します。 …続きを読む
    めっし
    2014年01月27日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品