オリンピックの身代金(上)

2009年 第43回 吉川英治文学賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784043860043

2009年 第43回 吉川英治文学賞

オリンピックの身代金(上)

  • 著者 奥田 英朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784043860043

「これが私の現時点での最高到達点です」奥田英朗

昭和39年夏、オリンピック開催を目前に控えて沸きかえる東京で相次ぐ爆破事件。警察と国家の威信をかけた捜査が極秘のうちに進められる。圧倒的スケールで描く犯罪サスペンス大作! 吉川英治文学賞受賞作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オリンピックの身代金(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昭和39年、オリンピック間近の東京を舞台に、爆破事件の犯人・島崎と捜査側刑事・落合の二本柱を中心に進んで行く物語。時折、他の目線が入って戸惑うが、本筋へ繋げて複合的に見せているのは巧い。更に特徴的なの 昭和39年、オリンピック間近の東京を舞台に、爆破事件の犯人・島崎と捜査側刑事・落合の二本柱を中心に進んで行く物語。時折、他の目線が入って戸惑うが、本筋へ繋げて複合的に見せているのは巧い。更に特徴的なのは島崎と落合の時系に1ヶ月程のズレがあって、心情と現象を交互に理解しながら読み進められる事…これは落合が変化してゆく過程でもあり、犯行に至る動機が段々と判るのが面白い。私が物心つく前なのに何故か既視感がある「古き良き東京」が懐かしいが、今や社会問題である「格差」が既に始まっていたのを悲しみつつ、下巻へ進む。 …続きを読む
    しんたろー
    2019年11月21日
    195人がナイス!しています
  • オリンピック開催を目前に控えた昭和39年の東京が舞台。大学院生島崎国男は出稼ぎ労働者の兄の死をきっかけに最下層の労働現場の実態を知る。深刻な地域格差や貧富の差への疑問と憤りは、やがて島崎を国家に抗うテ オリンピック開催を目前に控えた昭和39年の東京が舞台。大学院生島崎国男は出稼ぎ労働者の兄の死をきっかけに最下層の労働現場の実態を知る。深刻な地域格差や貧富の差への疑問と憤りは、やがて島崎を国家に抗うテロリストへと変貌させる。高度経済成長の陰で苦役を強いられた人々には胸が痛んだ。下巻の展開は如何に。 …続きを読む
    Atsushi
    2018年08月01日
    153人がナイス!しています
  • 自分もまだ生まれていない時代だが、きっと労働環境は本作で描いているとおり、劣悪なものだったのだろう。地方の悲哀、東京での言われ無き差別。筆者も東京オリンピック後の世代だが、当時をよく調べていると思う。 自分もまだ生まれていない時代だが、きっと労働環境は本作で描いているとおり、劣悪なものだったのだろう。地方の悲哀、東京での言われ無き差別。筆者も東京オリンピック後の世代だが、当時をよく調べていると思う。その時代の\空気\のようなものを確かに感じとった。 …続きを読む
    まひはる
    2013年07月17日
    127人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品