オリンピックの身代金(下)

2009年 第43回 吉川英治文学賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784043860050

2009年 第43回 吉川英治文学賞

オリンピックの身代金(下)

  • 著者 奥田 英朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784043860050

吉川英治文学賞を受賞したエンタテイメント大作!

オリンピック会場の建設現場に身を投じた東大生は、労働者の現実を知る。日本が高度経済成長に突き進む陰で、貧困に取り残された者たちの叫び。そして開会式当日、運命の時を迎える!吉川英治文学賞受賞作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オリンピックの身代金(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 貧しい東北出身の島崎国男にとって東京は富と繁栄を独占する諸悪の根源でしかなかった。格差社会に憤りテロリストと化した島崎は国家に一矢報いるためオリンピック開会式の爆破を企てる。それを阻止しようとする警察 貧しい東北出身の島崎国男にとって東京は富と繁栄を独占する諸悪の根源でしかなかった。格差社会に憤りテロリストと化した島崎は国家に一矢報いるためオリンピック開会式の爆破を企てる。それを阻止しようとする警察との攻防劇は読んでいて息が抜けなかった。さらに格差が拡大した今の日本を島崎はどう思うだろうか。 …続きを読む
    Atsushi
    2018年08月04日
    164人がナイス!しています
  • 純朴だった青年が自ら選んだ運命の流れに乗り、警察に追い詰められていく。一方、はっきりした勝算は無くとも仲間と共に活気づき追いかける若手刑事。この二人の状況が対照的だった。 純朴だった青年が自ら選んだ運命の流れに乗り、警察に追い詰められていく。一方、はっきりした勝算は無くとも仲間と共に活気づき追いかける若手刑事。この二人の状況が対照的だった。
    まひはる
    2013年07月18日
    130人がナイス!しています
  • 絶対に埋まることがない格差社会。その現実に一矢報いる為に自分を追い込み捨て身で犯行を繰り返す国男。犯行を阻止しようと犯人を追い詰める刑事達。開会式当日にようやく国男の犯行は終わる。何事もなかったかのよ 絶対に埋まることがない格差社会。その現実に一矢報いる為に自分を追い込み捨て身で犯行を繰り返す国男。犯行を阻止しようと犯人を追い詰める刑事達。開会式当日にようやく国男の犯行は終わる。何事もなかったかのようにオリンピックは開催される。最初からわかっていたがとても虚しい現実がそこにあった。 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2016年03月21日
    109人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品