サウスバウンド 上

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年08月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784043860012

サウスバウンド 上

  • 著者 奥田 英朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年08月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784043860012

奥田英朗が最大限の情熱をそそいだ代表作!

小学6年生の二郎にとって、悩みの種は父の一郎だ。自称作家というが、仕事もしないでいつも家にいる。ふとしたことから父が警察にマークされていることを知り、二郎は普通じゃない家族の秘密に気づく……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「サウスバウンド 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 二郎のビルドゥングスロマンのようだ。中野というリージョナルな設定は効果的だろう。父親が革共同の伝説的な闘志であり、母親もまた「お茶の水のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた幻の女性というのは面白くはあるが、い 二郎のビルドゥングスロマンのようだ。中野というリージョナルな設定は効果的だろう。父親が革共同の伝説的な闘志であり、母親もまた「お茶の水のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた幻の女性というのは面白くはあるが、いささかやり過ぎの感も。なお、当時の呼称だと「ゲバルト・ローザ」だったのではと思うのだが、これはあくまでもフィクション。一方で小学6年生の悩みがなかなかリアル。子どもの世界も理不尽で生きにくいものだ。そのことがひしひしと伝わるがゆえに、痛快な面白さの中にも哀しみが忍び込む。それが本書のいいところか。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2018年07月23日
    412人がナイス!しています
  • 喝上げ,脅かして金品を巻き上げること。小学校で起こっているであろうことを,現実味のある表現で記述している。小学生からもう何年も経過したであろう著者が,今起こっていることのように描写している。小学生の目 喝上げ,脅かして金品を巻き上げること。小学校で起こっているであろうことを,現実味のある表現で記述している。小学生からもう何年も経過したであろう著者が,今起こっていることのように描写している。小学生の目線で。一転、大人の介入と大人の事情によって西表島に引っ越しすることになる主人公一家。あまりにも破天荒な展開。主要参考文献は主に大人側の記録。発見角川 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年09月01日
    210人がナイス!しています
  • 元過激派の父上原一郎の人物造形がとてもいい。小学6年の息子上原二郎の視点から書かれた本書は、学生運動という今や過去の話を現代の視点で描き出している。上巻は、東京から 沖縄に移る直前で終わる。 元過激派の父上原一郎の人物造形がとてもいい。小学6年の息子上原二郎の視点から書かれた本書は、学生運動という今や過去の話を現代の視点で描き出している。上巻は、東京から 沖縄に移る直前で終わる。
    遥かなる想い
    2010年06月20日
    205人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品