逸脱 捜査一課・澤村慶司

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041004722

逸脱 捜査一課・澤村慶司

  • 著者 堂場 瞬一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041004722

警察小説の旗手による、新たな刑事・澤村シリーズ!

10年前の連続殺人事件を模倣した、新たな殺人事件。県警を嘲笑うかのような犯人の予想外の一手。県警捜査一課の澤村は、上司と激しく対立し孤立を深める中、単身犯人像に迫っていくが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「逸脱 捜査一課・澤村慶司」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 捜査一課澤村慶司、中出暑生活安全課永沢初美と組んで捜査にあたる。ジーパンをはいた慶司に、間合いのよい初美、プロファイルの橋詰。事件は凄惨な連続殺人の模様。警察しか知らない現場に残っているナイフ。拳銃、 捜査一課澤村慶司、中出暑生活安全課永沢初美と組んで捜査にあたる。ジーパンをはいた慶司に、間合いのよい初美、プロファイルの橋詰。事件は凄惨な連続殺人の模様。警察しか知らない現場に残っているナイフ。拳銃、ライフル、爆弾。犯人が元刑事という面で警察小説として逸品。解説:池上冬樹。発見角川2013。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年10月12日
    139人がナイス!しています
  • 初の堂場瞬一作品。解説にもあるように海外ミステリーの雰囲気はある。日本では珍しい劇場型連続殺人事件の捜査をメインにしたいわば米国などでは王道のストーリー。主人公の過去のトラウマがもうひとつの柱となって 初の堂場瞬一作品。解説にもあるように海外ミステリーの雰囲気はある。日本では珍しい劇場型連続殺人事件の捜査をメインにしたいわば米国などでは王道のストーリー。主人公の過去のトラウマがもうひとつの柱となっているのが目をひく。相棒となるプロファイラー橋詰分析官の魅力も主役同様やや乏しく全体としていまひとつな印象。そこがもったいない。他のシリーズは面白いのだろうか。ちゃんと読んで判断したいと思う。 …続きを読む
    サム・ミイラ
    2015年01月04日
    137人がナイス!しています
  • 警察小説。後半から急展開でどんどん面白くなっていった。鬼塚の狂気というか思い込みが怖かった。これはドラマか映画になってるんでしょうか。 澤村はずっと唐沢寿明をイメージして読んでました。 警察小説。後半から急展開でどんどん面白くなっていった。鬼塚の狂気というか思い込みが怖かった。これはドラマか映画になってるんでしょうか。 澤村はずっと唐沢寿明をイメージして読んでました。
    みかん
    2016年07月10日
    86人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品