約束の河

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041067437

約束の河

  • 著者 堂場 瞬一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041067437

友の死の真相は、どこにある──。警察小説の旗手が描く、長篇ミステリ。

幼馴染みで作家となった今川が謎の死を遂げた。法律事務所所長の北見貴秋は、薬物による記憶障害に苦しみながら、真相を確かめようとする。一方、刑事の藤代は、親友の息子である北見の動向を探っていた──


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「約束の河」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いつも感じているのですが、堂場さんの作品は警察官や刑事などが絡んだりする物語だと読後感がすっきりするのですが、どうもそれ以外の人物が主人公になったりするこの物語の様なものだとあまりすっきりとした感じを いつも感じているのですが、堂場さんの作品は警察官や刑事などが絡んだりする物語だと読後感がすっきりするのですが、どうもそれ以外の人物が主人公になったりするこの物語の様なものだとあまりすっきりとした感じを持てませんでした(刑事は出てくるのですが)。主人公に同化できないからでしょうか? …続きを読む
    KAZOO
    2019年07月12日
    111人がナイス!しています
  • 生きていれば良いことも悪いこともあって、友情も変わるものと変わらないものがある。誰が悪いとか何が悪いとか、そんなことは関係なくて、少年時代の一時を無邪気に心赴くままに精一杯楽しんだ…そういう思い出を忘 生きていれば良いことも悪いこともあって、友情も変わるものと変わらないものがある。誰が悪いとか何が悪いとか、そんなことは関係なくて、少年時代の一時を無邪気に心赴くままに精一杯楽しんだ…そういう思い出を忘れなければ成長して例え離れてしまったと思っても、本質は変わらないままもう一度友情を新たに結びなおすことができたはずなのに。僻み、妬み、心の弱さ。全てが悪い方へ悪い方へと転がっていった結果がそのまま結末になった感じ。絶望と虚しさが充満する中、微かな希望が揺れているのを見た。心の複雑さの描写に惹かれる小説だった。 …続きを読む
    えみ
    2019年06月20日
    22人がナイス!しています
  • 堂場さん2冊目。前回は他の作品に手を出さなかったけど、これは読むのをやめられなかった。凄く好きだった。他のも読みたくなった。出来ればシリーズものじゃなくて、野球ものじゃないのがいいな。皆さんオススメあ 堂場さん2冊目。前回は他の作品に手を出さなかったけど、これは読むのをやめられなかった。凄く好きだった。他のも読みたくなった。出来ればシリーズものじゃなくて、野球ものじゃないのがいいな。皆さんオススメありませんか? …続きを読む
    サニー
    2019年06月29日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品