角川文庫

十字の記憶

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041067413
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

十字の記憶

  • 著者 堂場 瞬一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041067413

警察小説の旗手が初めて挑んだ、青春×警察ミステリ!

新聞社の支局長として20年ぶりに地元に戻ってきた記者の福良孝嗣は、着任早々、殺人事件を取材することになる。被害者は前市長の息子・野本で後頭部を2発、銃で撃たれるという残酷な手口で殺されていた。一方、高校の陸上部で福良とリレーのメンバーを組んでいた県警捜査一課の芹沢拓も同じ事件を追っていた。捜査が難航するなか、今度は市職員OBの諸岡が同じ手口で殺される。やがて福良と芹沢の同級生だった小関早紀の父親が、20年前に市長の特命で地元大学の移転引き止め役を務め、その後自殺していたことがわかる。早紀は地元を逃げるように去り、行方不明になっていた……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「十字の記憶」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 動機も流れもリアリティーに欠けるなぁ、などと感じながら終わってしまった。ちょっと残念です。 動機も流れもリアリティーに欠けるなぁ、などと感じながら終わってしまった。ちょっと残念です。
    てつ
    2018年11月18日
    48人がナイス!しています
  • 第九章まで読んだところでサイン会へ!その先は福良の顔が堂場先生に(^^; 20年も棘が刺さったままの福良と芹沢。新聞記者と刑事。立場は違えど、あのとき救えなかった仲間の事は、今度こそ見過ごせない。迷い 第九章まで読んだところでサイン会へ!その先は福良の顔が堂場先生に(^^; 20年も棘が刺さったままの福良と芹沢。新聞記者と刑事。立場は違えど、あのとき救えなかった仲間の事は、今度こそ見過ごせない。迷いながらも解決に向かっていく二人が頼もしい漢になっていく。 …続きを読む
    T. みぃた
    2018年11月03日
    22人がナイス!しています
  • なかなか読み進めず時間がかかってしまいました。 自分の今の心境の問題なのか、あまり響いてこなかった。 なかなか読み進めず時間がかかってしまいました。 自分の今の心境の問題なのか、あまり響いてこなかった。
    みかん
    2019年05月07日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

堂場 瞬一(どうば しゅんいち)

1963年茨城県生まれ。新聞社勤務の傍ら小説の執筆を始め、2000年に『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。
警察小説やスポーツ小説など、幅広いジャンルの作品を執筆。

最近チェックした商品