漱石先生の事件簿 猫の巻

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043829040

漱石先生の事件簿 猫の巻

  • 著者 柳 広司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043829040

「だって君、書生だろ?」 柳広司×夏目漱石 傑作パスティーシュ!

柳広司×夏目漱石
傑作パスティーシュ!(文体模写)

探偵小説好きの僕はひょんなことから先生の家に書生として住み込むことになった。
先生は癇癪持ちで、世間知らず。書生の扱いときたら猫以下だ。
家には先生以上の“超変人”が集まり、次々に奇妙奇天烈な事件が舞い込んでくる。
後始末をするのは、なぜかいつも僕の仕事だ。
先生曰く、

「だって君、書生だろ?」。

『吾輩は猫である』の物語世界がミステリーとしてよみがえる。
ユーモアあふれる“日常の謎”連作集!
<解説・田中芳樹>

メディアミックス情報

NEWS

「漱石先生の事件簿 猫の巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「其の五 落雲館大戦争」は最高に笑えます。とはいえ、「考えてもみたまえ、世の中の不平不満というやつは、自分の思うとおりに世間がいかないから起こるのだろう?つまり、世間に勝とうとして負けるから起きるんだ 「其の五 落雲館大戦争」は最高に笑えます。とはいえ、「考えてもみたまえ、世の中の不平不満というやつは、自分の思うとおりに世間がいかないから起こるのだろう?つまり、世間に勝とうとして負けるから起きるんだ。それなら、はじめから世間に勝とうなんて思わなければいい。世間を変えなくたって、自分が変わりさえすれば、不平不満も起きっこないわけだ(p244~255)」、とキラリと光る一言も出てきます。 …続きを読む
    ehirano1
    2019年12月21日
    87人がナイス!しています
  • かなり久しぶりの柳広司作品。やっぱり夏目漱石の『吾輩は猫である』読んでからの方が、面白かったかな。『吾輩は猫である』は何度か読み出したことあるけど、完読したことがなく…。でも、漱石作を読んでなくても、 かなり久しぶりの柳広司作品。やっぱり夏目漱石の『吾輩は猫である』読んでからの方が、面白かったかな。『吾輩は猫である』は何度か読み出したことあるけど、完読したことがなく…。でも、漱石作を読んでなくても、登場人物への背景は薄くなるかもしれないですが、謎解きとして面白く読めました。 …続きを読む
    ベイマックス
    2021年05月13日
    76人がナイス!しています
  • 「・・・科学というのは第一に科学的な態度をいうのだ。」は真理を突いていると思います。先生もたまにはまともなことを仰られます。ところで、”哲学というのは第一に哲学的な態度をいうのだ”というのをどこかで読 「・・・科学というのは第一に科学的な態度をいうのだ。」は真理を突いていると思います。先生もたまにはまともなことを仰られます。ところで、”哲学というのは第一に哲学的な態度をいうのだ”というのをどこかで読んだような気がするのは気のせいなのでしょうか? …続きを読む
    ehirano1
    2018年02月02日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品