ふたりの距離の概算

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年06月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048740753

ふたりの距離の概算

  • 著者 米澤 穂信
  • 装丁 岩郷重力+WONDER WORK
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年06月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048740753

米澤穂信、青春ミステリーの傑作シリーズ〈古典部〉最新作!

春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部することに。だが彼女は本入部直前、急に辞めると告げてきた。入部締切日のマラソン大会で、奉太郎は長距離を走りながら心変わりの真相を推理する!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ふたりの距離の概算」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • マラソンとホータロー。このありえない組み合わせは学校行事のなせる技。さて、本作はいろんな「ふたり」と「距離」の話。概算に必要なのは速度と時間だけじゃない。計って測る力。それにしても今回も省エネ主義に逆 マラソンとホータロー。このありえない組み合わせは学校行事のなせる技。さて、本作はいろんな「ふたり」と「距離」の話。概算に必要なのは速度と時間だけじゃない。計って測る力。それにしても今回も省エネ主義に逆行してますねぇ。頭脳労働と肉体労働。これは疲れるw同時にこなすあたりは省エネだけどね♪私にとってこのシリーズの楽しみは、謎解きよりも各キャラの成長と作品ごとに変わる構成。本作でも新しい構成を披露してくれました。さて次回作はどんな手で来るのかな。予想してみたり。きっとはずれちゃうけれどw …続きを読む
    めろんラブ 
    2011年02月26日
    373人がナイス!しています
  • 『回避は好きだし省略は大好きだ。しかし先延ばしは好きではない。いずれやらねばならない処理が、より厄介になるだけだ』 同じ信念で働く私は、なぜに駆けずり回る羽目になるのだ?姉を目指そう。『遠まわり〜』で 『回避は好きだし省略は大好きだ。しかし先延ばしは好きではない。いずれやらねばならない処理が、より厄介になるだけだ』 同じ信念で働く私は、なぜに駆けずり回る羽目になるのだ?姉を目指そう。『遠まわり〜』で千反田に〔落ちた〕ホータロー。タイトル自体がミスリード誘ってると思えば、これは微妙に無自覚・お約束なホータロー。千反田の大きな瞳―省エネ主義者の『きっと何とかするから』その手はもっと伸びるはず。さらなる姉の謀略必要なのか。なんでもない地の文『千反田との距離の概算は、もうすっかり狂ってしまった』の一冊でした。 …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)
    2011年02月09日
    286人がナイス!しています
  • ホータローたちは二年生になり、新入生を迎えることに。新勧でスペース当ての謎解きの会話を聞いていた新入生・大日向は「仲の良い」のは好きだと仮入部するけれど、結局退部。千反田はそれを自分のせいだと言って… ホータローたちは二年生になり、新入生を迎えることに。新勧でスペース当ての謎解きの会話を聞いていた新入生・大日向は「仲の良い」のは好きだと仮入部するけれど、結局退部。千反田はそれを自分のせいだと言って…ホータローはマラソン大会の日、最後の機会として謎に挑む。人間関係の距離、友だち…このタイトル、秀逸だなぁ。いつの間にか古典部の中でも人間関係の変化があって…。詳しく語られない部分が気になったりもするのですが!?だんだん後味が重たくなって来たのは古典部の未来にどう影響するのか…「わたし、気になります!」 …続きを読む
    くろり - しろくろりちよ
    2012年03月21日
    281人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

【古典部】シリーズの最高峰!ストーリーのプロットが実に面白い。省エネ少年ホータローが走る・・かぼちゃが嗤う・・走る・・うさぎが踊る・・走る・・複線の波に乗りながら・・タイムリミットはあと○○㌔ テンポ良くストーリーにのめりこめます。(にょうさん)

もっと風変わりなミステリーかと思いきや、高校の古典部の面々とマラソン大会…作品への距離は、ぐっと身近。思わず引き込まれ、ワールドカップを消して、一気に読みました。ほのぼのしたつくりで、先読みできず、終幕のパズルの組まれ方も独特で、なるほど、おもしろい!(サキさん)

タイトルの「ふたりの距離の概算」が物語のラストで深い意味を成し、物語が終わってからも読者に何かを問いかけているように感じました。殺人も起こらず、舞台は学校と、大人にはなかなか共感しにくい設定であるにもかかわらず、しっかりと大人にも楽しむことができる素敵なミステリーでした。(いちごさん)

著者紹介

米澤穂信(よねざわほのぶ)

1978年岐阜県生まれ。2001年、第5回角川学園小説大賞(ヤングミステリー&ホラー部門)奨励賞を『氷菓』で受賞しデビュー。11年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、14年『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞。『満願』、15年『王とサーカス』はそれぞれ3つの年間ミステリ・ランキングで1位となり、史上初の2年連続3冠を達成。

最近チェックした商品