炎上する君

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784048740579

炎上する君

  • 著者 西 加奈子
  • カバーイラスト 西 加奈子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784048740579

恋に戦う君を、誰が笑うことができようか?

足が炎上している男の噂話ばかりしていたある日、銭湯にその男が現れて……何かにとらわれ動けなくなってしまった私たちに訪れる、小さいけれど大きな変化。奔放な想像力がつむぎだす不穏で愛らしい物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「炎上する君」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 苦しみは人によって尺度も違う。だから思う存分、自分の苦しみを肯定していいんだよ、「苦しい」って言っていいんだよって、素っ気ない文章の中にそんな優しさが潜んでいる短篇集。自分という存在が希薄になってしま 苦しみは人によって尺度も違う。だから思う存分、自分の苦しみを肯定していいんだよ、「苦しい」って言っていいんだよって、素っ気ない文章の中にそんな優しさが潜んでいる短篇集。自分という存在が希薄になってしまうほど、苦悩から目をそらし閉じこもっていた登場人物たち。どこかファンタジーめいた独特な筋立て。淡々とこのまま終わると思わせて、唐突に変わる心情描写。3年間引きこもっていた女が部屋から出る『太陽の上』、足が炎上している男に恋する表題作『炎上する君』の二篇は、飛び抜けて鮮やかに唐突で、間違いなく傑作だと私は思う。 …続きを読む
    風眠
    2015年01月25日
    213人がナイス!しています
  • だいぶ前に『笑っていいとも』でピースの又吉さんがベッキーさんにオススメしていた作品です。気になって読んでみましたが…う~ん、正直、自分には残念ながらあまりよくわからない世界観でした。決して、悪いという だいぶ前に『笑っていいとも』でピースの又吉さんがベッキーさんにオススメしていた作品です。気になって読んでみましたが…う~ん、正直、自分には残念ながらあまりよくわからない世界観でした。決して、悪いという意味ではなく、西加奈子さん推しのユーザーからすると「わかるとかわからないじゃないんだよ!」とお叱り?をうけてしまうのでしょうが、やっぱり自分には、ちょっと馴染めませんでした。でも、たまたまこの作品が、そういう相性だったのかもしれないので、諦めず?に機会をみて他の作品にチャレンジしてみたいと思います。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2012年09月25日
    128人がナイス!しています
  • 作家が育った土地のことは普通気にしないのだが、大阪で育った人らしい情の濃さを感じる短編集。足が燃えたり、風船のようになって空に飛んで行ったり、正体不明のメールが届くいった物語のアイディアが良かった。そ 作家が育った土地のことは普通気にしないのだが、大阪で育った人らしい情の濃さを感じる短編集。足が燃えたり、風船のようになって空に飛んで行ったり、正体不明のメールが届くいった物語のアイディアが良かった。そのアイディアの中に作者の想いをぎっしり詰め込んで、こちらの胸元に速球を投げ込んでくる。西さんが自分で描いたらしい表紙の絵も気に入った。8つの短編の中では表題作が一番の好み。 …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2013年11月11日
    116人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品